10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

軽量linux archlinuxで古いPCを爆速PCに蘇らせる

2017/04/05
私の仕事場でのメインマシンであるiMac Late 2009。購入したときはSnow Leopardだったが,今はアップグレードを重ね,Yosemite。ん,El Capitanだったかな?もっと新しいOSが出てるけどね。メモリも4GB->12GBに増強したけど,何するにしても1~2秒から数秒風車が 回り,小さなイライラが募り・・・。動作が軽快だという評判のlubuntuをVirtualBox上にインストールして使ってみたら,ゲストOSのくせして,ホストOSのOS Xより軽快なんだもの,嫌になってしまう。

思えば,20年以上前に仕事に必要というのでFMVを購入して以来,PCでやっていることは,ワープロに,表計算に,ネットにメールとほとんど変わらないのに,メモリは32MB->12GB,ハードディスクの容量は100倍以上,CPUはMMXPentiumの133MHzから,core i5のクロックは分からん!でも,やっていることに大した違いはなくて,PCのスペックは激しく向上しているのに,OSのもっさり挙動にイライラしているのはなぜなのだ!!

要は,リッチなGUIだとか,使いもしない機能がバックグラウンドで動いているとか,要らん機能にPCのパワーを割いているからでしょう。

そんなときに記事で見たおすすめ軽量linux8選だか,10選だとかで,心を惹かれたのがarchlinux+お好みの軽量デスクトップ環境。初期状態では,必要最低限の機能しかインストールされず,GUI環境も自分で追加でインストールする,って,これぞ俺が求めていたものではないか!!

さっそく公式のインストールガイドを参考にiMac上のVirtualBoxにインストールしてみたら,あっさりインストール成功。VirtualBoxだからドライバとかの問題もないしね。lubuntuのときには,プリンタドライバもベンダー(キャノン)がバイナリパッケージを用意してくれていたのが,archlinuxの場合それがないのだけれど,ベンダーが公開しているソースから,かんたんなコマンドでソースからコンパイルできるシステムがあるので,使ってたCanonのirc2550Fのドライバも難なくインストールに成功。仮想環境上でうまく行くと,次はネイティブにインストールしたくなるもの。気を良くした私は,それから,OSなしで3000円で購入してきたNECの元Win7マシン,Macbook Air mid 2010,それからメインマシンのiMac late 2009にインストールしました。が,それなりに苦労しました。

なので,公式のwikiを見てもハマったポイントについて,つらつらと。

まず,最初にインストールしたOSなしの中古Win7。

インストールガイドにしたがって,まず,起動モードの確認だが,起動モードがなんで,パーティションテーブルをどうするのかが,最初にぶつかるポイントですね。って,マジ初っ端から,いろいろ勉強しなければならない。

起動モード:BIOSか,UEFIか
パーティションテーブル:MBRか,GPTか。

中古Win7の起動方式がBIOSで,パーティショニングのwikiに「古いハードウェアにインストールする場合 (特にノートパソコンにインストールする場合)、BIOS が GPT をサポートしていない可能性があるので MBR を選択しましょう。」とあったので,MBRを選択。

インストールガイドに

Arch Linux をインストールするデバイスには以下のパーティションが必要です:
ルートディレクトリ / のパーティション。


とあるので,ハードディスク全体を一つのパーティションにした。

スワップパーティションはメモリを4GB以上積んでいる場合は,ない方がパフォーマンスがいいという記載をどっかで見たので,作らないことに決定!

paredコマンドを使って,パーティションを作成。

ここまでは,いろんなページを行ったり来たりしたものの,まずまず順調に経過。そのままインストールガイドに従い,パーティションのフォーマットとマウントを行った。

次に,ハマったのがネットワーク関係。VirutualBoxにインストールしたときは,インストールisoから立ち上げたときは,なんにもしなくてもネットに繋がってたのに,中古Win7はネットに繋がらない。ネット経由のインストールなのに,インストール作業開始前に立ち往生した。

ネットワーク設定の公式wikiの説明がよく分からん。勘違いさせる最大の原因は,冒頭のこの一文ではないだろうか。

多くの場合、インストールするだけで動作するネットワーク設定がすでに作られています。



この一文を読むと,殆どの場合は,何もしなくてもネットに繋がるのだ!と理解するだろっ!でもそうじゃなかった。

ともかく,wikiにしたがって,
・ホストネームの設定→VirtualBoxにインストールしたときはArchlinuxのインストール後にした設定
・ローカルネットワークのホストネーム解決→上に同じ
なので,ここは関係ないとスキップ。

次に,デバイスドライバの確認。どうもドライバのロードに問題がありそう。手動でモジュールをロードしてみてくださいなんてことが書いてあるので,カーネルモジュール#ロードを見てくださいなんて書いてあるので,スマホでモジュールを探してみたり,カーネルモジュール#ロードを見てみたりしたが,どのモジュールを,どこからゲットできるのかが分からん。だいたいネットに繋がってないし。デバイスがBroadcomのBCM57780ということはわかったので,「BCM57780 ドライバ」なんかでググっていると,もとのArchlinuxのネットワーク設定のページが上がっている。同じページのトラブルシューティングにBCM57780のことが出ていた。

このBCM57780は,モジュールをロードする順番を指定しないとうまく作動しないとかで,そこに書かれた対処法を行ったところ,めでたくネットに繋がった。

で,これでめでたし,めでたしと思いきや,インストール後に再度ハマる。

archlinux本体をインストールして,さて,デスクトップ環境をインストールしようとしても,ネットに繋がってないのだ!ちゃんとモジュールをロードする順番も正しく指定しているのに,である。

多くの場合、インストールするだけで動作するネットワーク設定がすでに作られています。


さっき,archlinux本体をインストールするときにはネットに繋がっていたじゃないかっ!!

で,もう一度,ネットワーク設定のwikiを読み返し,もしやこれはDHCPからIPアドレスの割当を受けていないのではないかと思い立った。IP アドレスの設定のところを読み,dhcpd#実行に飛び,そこに書かれているように,dhcpcdサービスを開始させたところ,うまく繋がった。

sudo systemctl start dhcpcd



たったけこれだけのことだったが,これに気がつくのに随分ネットをさまよいましたよ。

勘違いの原因。

1.VirtualBoxにインストールしたときは,ホストOSがIPアドレスの割当を受けていたので,ゲストのArchlinuxでDHCPサービスを起動させる必要がなかった(ような気がする。今となっては覚えていない)。
2.”多くの場合、インストールするだけで動作するネットワーク設定がすでに作られています。”と記載されている上に,インストールisoは何もしなくてもIPアドレスの割当を受けてくれていたので,インストール後のArchlinuxも何もしなくてもネットに繋がると信じ込んでいた。

結論。

Archlinuxでは,”多くの場合、インストールするだけで動作するネットワーク設定がすでに作られています。”ので,あとは,dhcpcdサービスを起動させるなどしてIPアドレスの割当を受ければネットに繋がる。

もうちょっと親切に書いてくれていれば,こんなことではまらずに済んだのに・・・

archlinux本体のインストールが終了すれば,次は,一般的な推奨事項に移るわけですが,これが大量にずらずら並んでいるので,これ全部やるの?って感じ。最低限やって置かないとあとで面倒になりそうなものは,

1.ユーザーの追加
2.ユーザーがsudoを使えるようにする。
3.ユーザーをlpグループに加える(←これやっとかないと印刷とかbluetoothが使えない)
4.GUI(デスクトップ環境)を入れる。
5.日本語化
ですかね。やり方は,wikiとググればすぐに解ると思います。
22:44 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

15kg痩せた

2015/07/01
最近ダイエットが快調。マックス82kgあった体重が67kgまで減ったので15kg減ったことになる。瞬間最大体重というか,旅行行ってうまいもん食いまくって家に帰ってきたときには84kgあって青ざめたことがあったので,そこから計算すると17kg。随分減ったなぁw。身長が166cmなので,ま,それでも少し太めなのだが,84kgあったことを考えると,どんだけ太ってたのかと。

その最大瞬間体重のころにメタボ健診で医者に「あなたこのままだと短命で終わりますよ。」というものすごい忠告をいただき,なぜか一念発起してベジタリアン生活を始め,それで10kg減ったことがあった。いざ肉魚を食わなくなると,別段なんともなくて,玄米と脂っこい野菜料理(天ぷらとか)を喰いまくってもどんどん体重が減るので笑ってしまった。

が,肉魚を食わないってのが,自宅でなら簡単なんだけど,外食ってことになるとこれが難しくて,10kg減ったのもあって,外食時にちょぼちょぼ解禁していったら,リバウンドして77kgまでもとにもどってしまった。

そのころ,ウェイ・ダウンダイエットというのを知り,って,体重減少ダイエットと意味不明な名前ですが,あんまりストレスが溜まらないというので,始めて見ることにした。ま,とにかくお腹がすくまで食べない,食べるのは少しだけ,腹が減ったらまた少しだけ食べるという実に単純なダイエット法なのだが,このダイエットで気づかされた。人間,実はごく少量の食物で結構腹が持つということ。腹が満たせる,じゃないよ。腹が持つ,つまり次に腹が減って何か喰いたくなるまでに結構時間がかかるってこと。少量だけ食べたときは,こんなんじゃ満足できーん!もっと喰いてぇ!!と思うのだが,そのとき,こう考えることに下。あと1時間後にまだ腹が減っていて我慢ならなかったら食べよう!と。不思議なことに,何かやっているうちにあの物足りない感が知らない間になくなっているのだ。

そのうち,何となく腹が減ったという感覚と,腹減って死にそうという空腹にも2種類あることに気が付いた。前者の場合は,あー,腹減ったなーと思っても,しばらくするとその空腹感は消えているのだが,後者の場合,今すぐ何か口に入れないとダウンしそうな感じがするのである。

そうやって数キログラム減ったとき,世界には飲まず食わずで生きていると主張するクレイジーな人がいることを知った。その真偽のほどはさておき,人間,以外と少量でも体が持つんだなぁと思っていたので,もしかして本当だったりしてwなんて思って,1日1食にしてみたり(それが飲まず食わずで生きるファースト・ステップらしいw)したが,これが以外と辛くない。ま,じゃぁ,ということで,朝なし,昼は乗り切れそうだったらなし,夕方まで持ちそうもないなという気分のときはおにぎり1個,腹減って何か喰いたいなと思ったときは,腹の張りを感じるまで,くらい食べて,夕食は(昔に比べたら)軽めに,みたいなことをしていたら,またどんどん体重が減ってきて,現在に至ります。去年の11月くらいからだから約8か月で10kg減った計算。

3時か4時ころになると腹が減って何か喰いたくなるときがあるので,お土産のお菓子を1個とかつまんだりもする。

胃袋が縮んじゃったので,昔のように喰うと苦しくて,もう前みたいに大量に喰いたいという感覚がなくなってしまった。

太るのって,食生活でカロリーを取り過ぎているわけだから,カロリーを取り過ぎない食生活に切り替えないとリバウンドするよね。今も上みたいな食生活を続けているけど,痩せるためにガマンしている感じはない。このまんまの食生活を一生続けてもいいというか,これが普通だと思えるようになった。だからもうリバウンドはないと信じたいなw
13:53 ダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)

050の通話アプリ。やっぱりガンはb-mobileだったのか!

2015/06/13
格安SIMに変えてもう1年半になりますかね?月々のスマホ代、激減しました。Softbankだったころは7500円はしてたけど、今は2000円くらいか。

Softbankから格安SIMに乗り換えるのにネックになったのが嫁さんとの無料通話。通話先のメインは嫁さんだし、無料通話がなくなるのはいたいなぁと。それでその頃目に留まったのがアプリ間通話無料のIP電話サービス。SkypeとかLINEでも無料通話あったけど、050の番号もらえるのがいいよね、月額基本料無料がいいよねってことで、FusionのSmarTalkとBrastelの050 Freeを使ってみることにした。

当時、音声通話のできるMVNOはb-mobileとso-netしか選択肢がなく、料金的にほぼb-mobileの一択状態。必然的にb-mobileと契約することになった。そこでおもむろにFusionやBrastelで通話してみると、返事が5秒後くらいに帰ってくる(笑)。夕方の混雑時刻とはいえ、月面基地との通信じゃないんだから。とても使えたもんじゃない。家族間通話無料に慣れてしまってて、嫁さんと有料通話をする気も起きなく、どーしても会話しなきゃならないとき以外はメールですますようになってました。

しかし、b-mobile、それにしても遅い。お昼と夜のトラフィックが多い時間帯は、速度制限なしにも関わらず100kbpsを下回ることもざら。あまりにも使い物にならないので、5ヶ月縛り明けとともに、速攻で音声通話可能なSIM出したばかりのIIJmioにNMP。

その後はあんまりIP電話は使わず、ほとんどBrastelの6秒2円の第三者課金の方を使っておりました。だけど、やっぱりBrastelの050 Freeの通話料の安さは魅力的。携帯宛30秒5.5円、固定宛3分8円と驚異的な安さ。なので、有料のAcrobits Softphone入れたり、速度が出なくても通話が安定していると評判のコーデック購入したり、設定を弄ったりして、そこそこ使えるようになり、ま、同輩・後輩に電話するときはBrastelでいいや、って感じになってました。

こうなると、嫁さんとの通話もBrastelで無料にしたくなるもんで、ひさびさに嫁さんのiPhoneに050 Freeのアプリ入れてみた。Acrobitsの機能制限版で、弄れる項目はコーデックのみ。入っているコーデックはGMSとG711uのみで、デフォルトではG711uは使用禁止にしてあります。実にシンプル。

それで使ってみると多少の遅延が出る時もありますが、思った以上に実用レベル。てことは何かい?Acrobitsとか、G729aとか、全然関係ない?

Brastelが5秒も遅延してはいたのは、b-mobile!お前のせいだったのかっ!!
09:50 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

Dueアプリの代替アプリ

2015/06/03
iPhone習慣術という本がありまして,詳細は完全に抜けてしまってますが,リマインダーアプリを使って,毎日やんなきゃならないことを確実にやりましょう!!みたいなことが書いてあり,そのためのお勧めアプリがDueというアプリでした。高かったんですけど,ものすごく便利で,「起床」やら,「風呂掃除」やら,「ゴミ出し」やらを,毎日繰り返しのリマインダーにセットしておくと,毎日決まった時間にリマインダーがなって,「習慣」化できるってわけです。だから,毎日5分間の片付けなんかをリマインダーにセットしておくと,リマインドにしたがって片付けを「やれば」,片付けが「習慣」になる。ただ,いくらリマインドされてもやりたくないことはやらないんだな。一度は腹八分目をモットーにしようと,3食食べる時間に「食べ過ぎ注意!!」みたいなリマインダーをセットして,食べ終わるまでスヌーズさせるようにしたんだが,毎食食べ過ぎてデブる一方w



このDueアプリ,何が秀逸かって,リマインドの仕方。

タダのアラームだと,アラームを止めるか,スヌーズするまでピーピー鳴り続けたり,ブルブル震え続けるのが普通で,止めるか,スヌーズしないとうざくて仕方がないから,アラームの処理がその時点で最優先事項になってしまう。じゃなきゃアラーム(警報)の意味がないしね。ただ,リマインダーの場合,思い出させてくれればいいので,そんなにブルブルやってくれないくてもいいのだ。

一方このDueの場合,時間が来ると,ぶるっと1秒震えるだけ。いつもマナーモードで使っていたから,通常モードでの挙動は覚えてません。1秒ぶるっただけではもちろんリマインダーに気が付かないこともあるので,Dueは,リマインダーをタスク実行済みにするか,スヌーズするかしないと,1分おきにブルって震えてくれるのです。この1分おきにぶるっというのが実にマイルドなリマインド方法で気持ちがよくて,目覚ましに使うとgentleに起こしてもらえるし,しばらくはシカトこける程度のリマインドぶりなのだが,完全無視を決め込むには定期的にぶるってバイブするのでやはりうざくて,スヌーズするしかなくなり,本当に絶妙な知らせ具体だったのです。

スヌーズも,10分,1時間,1日の3つのボタンをおすだけでよく,操作性抜群。30分後にスヌーズしたければ10分ボタンをぽん,ぽん,ぽんと3回タップすればいいだけ。重宝していまいした。

で,Androidに端末を買えたときにDueのAndroid版を探しましたが,これが出てない。マジかよ。デベロッパーやる気ねぇー。まぁ,リマインダーアプリなんていくらでも代替アプリあるだろと探しましたが,これがなかなかない。

ポイントは二つ。1分ないし一定時間毎に短くブルッってくれて,フレキシブルにスヌーズができること。

1分ごとに1秒バイブってのは,アラームクロック系のアプリで,1秒経過後に自動スヌーズ,スヌーズ間隔を1分にすることで,実現が可能だったけど,スヌーズ時間をフレキシブルにできるってのがなかなかなくて,唯一見つけたのがこのAlarm Clock Plusというアプリ。アイコンがかっこわるくて,いやだったんだけど,これしか見つけられなかったから仕方がない。

ただ,このアプリにも致命的な欠陥があって,複数のアラームを設定しているときに,一つのアラームが自動or手動でスヌーズされて次のアラームとダブったときに,片方のアラームを止めると,もう片方のアラームも止まってしまうこと。もう片方のタスクはコンプリートされていないので,引き続きリマインドしてもらいたいのですがー・・・。

もうなんでぴったりくるDueの代替アプリないんだよー,って探し続けて1年半,ようやく発見しました。これ,ちょうどリマインダー。なんか変な名前だなとおもったら,「Just Reminder」の直訳w

ただ,これUIは違いますけど,上記二つの機能を備えた上で,同じ時間に複数のリマインダーを設定して,片方をミッション・コンプリートで消しても,残りのはコンプリートするまでリマインドを続けてくれます。Dueアプリ難民の皆様,ちょうどリマインダーをどうぞ!!
11:27 Android | コメント(0) | トラックバック(0)

iMacにLinuxでお仕事環境構築♪ 〜オフィススイート編〜

2014/10/04
PCでのお仕事環境とは何ぞや?そりゃ、 Microsoft Officeに決まっているじゃないですか。WordやExcelのファイルは開けて当然だし、開けないといわれたことはないし、メールにガンガン添付されてくるし。仕事でPCを使おうと思うからにはMicrosoft Officeはあって当然、なけりゃ仕事にならない。5年前にMacに乗り換えたときも、Mac版のOfficeがあったから安心してWindows環境からMacに乗り換えたわけだし。Macの反転攻勢も、Steve JobsがBill GatesとMac版Officeのリリースを約束してから始まったような気もしなくはない。

で、Linux版Microsoft Officeはあるのか?そんなものはこの世に存在しない。



しかし!あの中華性パクリソフトのKingsoft Officeがある!!!あのユーザインターフェースのクリソツぶりと、高い互換性で、BTOパソコンを中心に密かな人気のKingsoft Officeが!!!

しかも、何と無料!!!!!!!!!!!!!!!

これが私がLinuxにお仕事環境をいこうさせようと思った最大の理由だった。Microsoft Officeって、信じられないくらい高いっすよね?プリインストールじゃなきゃ誰も買わないって。しかも、プリインストール版ってだいたいPersonalで、PowerPointがついていないのだ。すくなくとも、5年くらい前までのプリンストール坂にはPowerPointは付いていなかった。その昔、パワーポイント2007のファイルを作る必要に迫られたものの、持っていたのはパワーポイント2003、アニメーション効果のサポートが貧弱で、どうしてもパワーポイント2007が必要だったのだが、あまりの高さに途方にくれていたころ、颯爽と登場したのがKingsoft Officeだった。高い互換性を売りにしていただけに、なかなか使えたアプリケーションだった。最後には人のPCを借りて微修正したけど、大部分はKingsoft Officeのプレゼンテーションでスライドを作成した。というか、できた。

あのKingsoft OffceのLinux版があるだと?そりゃ乗り換えるに決まっているじゃん。ということで、俄然乗り気になった。デュアルブートの気楽さもあるしね。

で、インストール自体は実に簡単なのだ。ここ がトップページで、ここからダウンロードできる。

Debian用のパッケージとRed Hat系用のパッケージがあるので、本体と日本語化パッケージがあるので、それぞれダウンロードして、本体と日本語化パッケージをダブルクリックして、パッケージインストーラーにインストールしてもらうだけ。実に簡単。

ちょっと問題があって、ここで配布されているパッケージは32ビット用のバイナリで、64ビットのシステムで動かすには
ia32-libというライブラリが必要だという。

というわけで、そのia32-libをインストールすべく、ターミナルから

sudo apt-get install ia32-lib

とコマンドを入力して、ia32-libが依存しているパッケージも含めて一挙にインストールしようとするが、なにやらエラーが出てて、うまくいかない。

あっ、やっぱ、Linuxをインストールしようとするんなら、Linuxとは何ぞやとか、端末エミュレータの使い方くらいのかかれている入門書を一冊読んだ方がいいでしょう。というか、その程度の知識は必要だし、私にもそれ以上の知識はない。ので、その程度で十分。

エラーメッセージを読んで、ググった限り、どうも、ia32-libが依存しているパッケージをインストールしようとしたのだけれども、さらにそのパッケージが依存しているパッケージがインストールしてないらしくて、エラーが出ている臭かった。ただ、その当該パッケージが依存しているパッケージすら勝手にインストールしてくれるはずだがね>>>apt-getコマンド

なので、単純にインストールされるパッケージの順番の問題、つまり、AというパッケージがBに、BというパッケージがCに依存している場合に、Cがインストールされる前にBをインストールしようとしたからエラーがでたのかなぁくらいのイージーな考えに基づき、エラーが出てターミナルに戻る度に、ただひたすら、

sudo apt-get install ia32-lib

と打ち込んで実行させていたら、いつの間にかエラーが出ずに正常に終了したwで、試しにWordのファイルを開いてみたら、ばっちり。

これは、自宅のlubuntuの話。仕事場のwattOSの場合は、ベースがDebian7なので、以下のコマンドを実行xさせるだけで、32ビット用のバイナリが実行できるよう。ここなんか参照。

$ dpkg --add-architecture i386
$ apt-get update

これでばっちりMicrosoft Officeのファイルを開いて編集でできるになるのですが、いかんせんフォントが・・・・。まぁ、MS 明朝とか、同じフォントを入れればいいわけで、金さえ払えば分けないですが、合法的に無料でゲットする方法もなくはなく。あとはググってください。






22:18 Linux | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。