08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Macbook Air mid 2010 にarchlinuxをインストールするのにワイヤレス設定でハマった

2017/04/07
つづいて,Macbook Air mid 2010にarchlinuxのインストールを試みて,ハマったこと。

基本的に,
MacBook - ArchWiki - Arch Linux
[翻訳] MacBook Air に Arch Linux をインストールする(デュアルブート) - Qiita
にしたがってインストールしていくだけ。

だが,また,ネットワーク関係でハマった。

公式のWikiにワイヤレスでのネットワークへの繋ぎ方が書いてない。MacbookにはLANケーブル繋ぐとこないんだから,それぐらい書いておいてよ・・・。2番めの記事に書いてあったので,すぐ分かりましたが・・・。archisoで

wifi-menu



とコマンドを打ち込むと,アクセスポイントがずらずらと出てくるので,↑↓キーでAPを選んでエンター。パスフレーズを入力して接続。Macbookによってはうまく行かない機種もあるようです。その場合は諦めてUSBのLANアダプタをどっかから調達しましょう。

それで,archlinux本体のインストールはさくさく進むのですが,ブートローダーをインストールしたあとに最初にarchlinuxを起動させたあとのワイヤレス接続。Wikiを隅々まで見ないでやっているのが悪いのだが,さっきwifi-menuコマンドで繋がったので,今度もwifi-menuで繋がると思うじゃないかっ!!しかし,今度はwifi-menuコマンドではエラーが出て繋がらない・・・。で,何か問題があると思うわけで,

# lspci | grep Network



でネットワークカードを調べると,BroadcomのBCM43224。

Broadcom のカードが載っている場合、Broadcom BCM4312 のページに従って下さい。



とあるので,そのページ,Broadcomワイヤレスに飛ぶ。すると,そこには驚愕の事実が記載されていた。

ノート: b43 モジュールがロードされて機能しているようなのにデバイスにアクセスできないときは、おそらく bcma モジュールをブラックリスト化する必要があります。下のトラブルシューティングを見て下さい。それで問題が解決しない場合、b43 を使うように CONFIG_B43_BCMA_EXTRA オプションを設定してカーネルを再コンパイルしなくてはなりません。このオプションはモジュール間での競合状態を解決するために導入されたもので BCM4322, BCM43224, BCM43225 チップセットのカードでは必須です。



CONFIG_B43_BCMA_EXTRA オプションを設定してカーネルを再コンパイルしなくてはなりません。
BCM43224チップセットのカードでは必須です,必須です,須です,です,す・・・・・
カーネルの再コンパイル,って,俺には敷居が高すぎる・・・・

でも,頑張って,友達からUSBのLANアダプタ借りてきて,何とかオプションを設定して,カーネルの再コンパイル,やろうとしました。しかし,CONFIG_B43_BCMA_EXTRAオプションを設定するところがない。

ネットをさまよい歩くと,英語ですけど,私と同じことをしようとしている人がいて,CONFIG_B43_BCMA_EXTRAオプションがないんだけど?という質問が。その質問に,カーネルのバージョンいくつからはそれはしなくてよくなったから設定項目が消えたという回答もあり。それで,英語の方の公式Wikiを見ていると,日本語にはある再コンパイルが必須という部分は相当する記載がありません。日本語のwikiが古かっただけのようです。おい,おい。

結局,ワイヤレス設定の公式Wikiの手順通りに設定したら,普通につながった。

要は,archlinux本体をインストールしたあとは,wifi-menuではワイヤレス接続はできないので,iwとか,wpa_supplicantとかを入れて,このコマンドで設定するということですね。そして,忘れてはいけない,dhcpcdなりでIPアドレスを取得すること。

ちょぼちょぼハマりますね。

スポンサーサイト
13:11 Linux | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。