09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

iMacにLinuxでお仕事環境構築♪ 〜オフィススイート編〜

2014/10/04
PCでのお仕事環境とは何ぞや?そりゃ、 Microsoft Officeに決まっているじゃないですか。WordやExcelのファイルは開けて当然だし、開けないといわれたことはないし、メールにガンガン添付されてくるし。仕事でPCを使おうと思うからにはMicrosoft Officeはあって当然、なけりゃ仕事にならない。5年前にMacに乗り換えたときも、Mac版のOfficeがあったから安心してWindows環境からMacに乗り換えたわけだし。Macの反転攻勢も、Steve JobsがBill GatesとMac版Officeのリリースを約束してから始まったような気もしなくはない。

で、Linux版Microsoft Officeはあるのか?そんなものはこの世に存在しない。



しかし!あの中華性パクリソフトのKingsoft Officeがある!!!あのユーザインターフェースのクリソツぶりと、高い互換性で、BTOパソコンを中心に密かな人気のKingsoft Officeが!!!

しかも、何と無料!!!!!!!!!!!!!!!

これが私がLinuxにお仕事環境をいこうさせようと思った最大の理由だった。Microsoft Officeって、信じられないくらい高いっすよね?プリインストールじゃなきゃ誰も買わないって。しかも、プリインストール版ってだいたいPersonalで、PowerPointがついていないのだ。すくなくとも、5年くらい前までのプリンストール坂にはPowerPointは付いていなかった。その昔、パワーポイント2007のファイルを作る必要に迫られたものの、持っていたのはパワーポイント2003、アニメーション効果のサポートが貧弱で、どうしてもパワーポイント2007が必要だったのだが、あまりの高さに途方にくれていたころ、颯爽と登場したのがKingsoft Officeだった。高い互換性を売りにしていただけに、なかなか使えたアプリケーションだった。最後には人のPCを借りて微修正したけど、大部分はKingsoft Officeのプレゼンテーションでスライドを作成した。というか、できた。

あのKingsoft OffceのLinux版があるだと?そりゃ乗り換えるに決まっているじゃん。ということで、俄然乗り気になった。デュアルブートの気楽さもあるしね。

で、インストール自体は実に簡単なのだ。ここ がトップページで、ここからダウンロードできる。

Debian用のパッケージとRed Hat系用のパッケージがあるので、本体と日本語化パッケージがあるので、それぞれダウンロードして、本体と日本語化パッケージをダブルクリックして、パッケージインストーラーにインストールしてもらうだけ。実に簡単。

ちょっと問題があって、ここで配布されているパッケージは32ビット用のバイナリで、64ビットのシステムで動かすには
ia32-libというライブラリが必要だという。

というわけで、そのia32-libをインストールすべく、ターミナルから

sudo apt-get install ia32-lib

とコマンドを入力して、ia32-libが依存しているパッケージも含めて一挙にインストールしようとするが、なにやらエラーが出てて、うまくいかない。

あっ、やっぱ、Linuxをインストールしようとするんなら、Linuxとは何ぞやとか、端末エミュレータの使い方くらいのかかれている入門書を一冊読んだ方がいいでしょう。というか、その程度の知識は必要だし、私にもそれ以上の知識はない。ので、その程度で十分。

エラーメッセージを読んで、ググった限り、どうも、ia32-libが依存しているパッケージをインストールしようとしたのだけれども、さらにそのパッケージが依存しているパッケージがインストールしてないらしくて、エラーが出ている臭かった。ただ、その当該パッケージが依存しているパッケージすら勝手にインストールしてくれるはずだがね>>>apt-getコマンド

なので、単純にインストールされるパッケージの順番の問題、つまり、AというパッケージがBに、BというパッケージがCに依存している場合に、Cがインストールされる前にBをインストールしようとしたからエラーがでたのかなぁくらいのイージーな考えに基づき、エラーが出てターミナルに戻る度に、ただひたすら、

sudo apt-get install ia32-lib

と打ち込んで実行させていたら、いつの間にかエラーが出ずに正常に終了したwで、試しにWordのファイルを開いてみたら、ばっちり。

これは、自宅のlubuntuの話。仕事場のwattOSの場合は、ベースがDebian7なので、以下のコマンドを実行xさせるだけで、32ビット用のバイナリが実行できるよう。ここなんか参照。

$ dpkg --add-architecture i386
$ apt-get update

これでばっちりMicrosoft Officeのファイルを開いて編集でできるになるのですが、いかんせんフォントが・・・・。まぁ、MS 明朝とか、同じフォントを入れればいいわけで、金さえ払えば分けないですが、合法的に無料でゲットする方法もなくはなく。あとはググってください。






スポンサーサイト
22:18 Linux | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示