09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

木山往還4

2010/11/26
「熊本の街道と峠-熊本の風土とこころ第二集-⑳」(岩本政教編著、熊本日日新聞情報文化センター)p64からさらに引用。「旧往還は小学校の校庭を東に突切り、豊肥線の踏切を渡って松楠塾の前に出て堀之内団地をぬけ、国府七曲りを経て、砂取四つ角近くに出る。ここから水前寺川を渡り、協和発酵の西側をまわって電車通りを横断すると八丁馬場へ入る。」とある。「国府七曲り」がどこのことを指しているのか皆目分からない。「砂取四つ角」もどこのことかわからない。出水ふれあい通りと八王寺通りの交差点のことだろうか。水前寺川は県立図書館横を流れる江津湖に注ぐあの川のことであろう。「協和発酵」がまたどこのことかわからない。

そこで、再び、新熊本市史別巻第1巻地図絵巻下に収録されていた、肥後国郡村図から国府村の地図にお出まし願う。
kokubu.jpg
画像を何度も回転させたたり、拡大縮小を行なって試していたところ、どうやらうまくはまったようだ。白山小学校の校庭を東に突っ切り、豊肥線の踏切を渡っているし、既存の道路ともほぼ一致した。「堀之内団地をぬけ」とあるが、堀之内団地の南側を抜けている。これも堀之内団地を抜けているうちにいれていいだろう。

では、さらにその先の今村の部分も重ねあわせてみよう。そういえば、水前寺公園の電停の交差点の表示は、かつては「水前寺今」と書いてあったような気がする。この「今」は昔の今村から来ていたのだ。
sunatori.jpg
うまく重ね合わされているのかどうか微妙だが、川筋が概ね一致していることと、川を渡る橋の向きが一致していること、国府村と今村の堺が道路に一致していること、画図村方面への道路が一致していることなどから、概ねうまく重ねあわせられていると思われる。

これをみると、出水ふれあい通りと八王寺通りの交差点から県立図書館方面へ行く道路が木山往還だったようだ。

まとめると、こうなる。


powered by 地図Z


しかし、「協和発酵」の「西側」というのはどこのことだろうか。協和発酵は水前寺川を渡った先にあるのだから、かつて存在したとすれば、県立図書館か、市立図書館あたりだろうと思われる。母に尋ねたところ、そういえば昔県立図書館のところは協和発酵の工場だったような気がすると言っていたが、定かではない。しかも、今村の地図によれば、往還は協和発酵工場跡らしきところの「西側」を通っていない。謎はのこる。

スポンサーサイト
13:08 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
感謝!
ご研究の成果を公開いただき感謝申し上げるとともに、ご努力に敬意を表します。いずれこの道を歩いてみたいと思います。

管理者のみに表示