09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

Windows→Macデータ移行中

2009/12/23
WindowsからMacへのデータの移行も,それなりの手間はかかりますが,簡単ですね。Win→Winと手間は変わりません。

まずは,メールのデータ。わたすはThunderbirdを使っていたので,移行は簡単でした。WindowsのDocuments and Settings\ユーザ名\Application Data\Thunderbird\Profiles\****.defaultををMacの/Users/ユーザ名/Library/Thunderbird/Profiles/にコピーし,もともとあったxxxx.defaultを削除,そののち,****.defaultのフォルダ名をxxxx.defaultに書き換え。こんな面倒なことしなくても,WindowsのDocuments and Settings\ユーザ名\Application Data\Thunderbird\ProfilesををMacの/Users/ユーザ名/Library/Thunderbird/Profilesにコピーするだけでいいみたいです。

iTunesは,これもマイミュージックのiTunesフォルダを,自分のアカウントのミュージックフォルダに貼付けるだけ。

Outlookの連絡先のデータをアドレスブックに移行するのには多少手こずりましたが,最後に黄金の方法を発見。最初はcvs経由でやろうとしたんですが,アドレスブックのインポーターが,cvsのフィールドを適切に認識してくれないんです。cvsファイルの列の並びが悪いんじゃないかと思って色々入れ替えてみたりしても全然だめ。

では,vCardで移そうかと考えるも,連絡先を一括してvCardファイルにする方法が分からず,しばらく試行錯誤。で,うまくいったのが,この方法。

1 連絡先カードを全部選択する
2 プルダウンメニューに「vCardとして転送」があるので,それをクリック
3 すると,すべての連絡先がvCardファイルとなり,メールに添付される
4 それを自分宛にメールする
5 送信済みメールの添付ファイルを全部選択して,任意のフォルダにコピー
6 Macのファインダーでそのフォルダを開き,全部選択して,アドレスブックにドラッグ

これで,一気に登録されました。

もしかしたら,自分宛にメールしたそのメールをMacで受信して,その添付ファイルを一括してアドレスブックに登録する方法もあるのかもしれませんが,Mac初心者の私にはできませんでした。なので,5と6の方法でやりました。一括して登録する方法がなかなかはっきり書いてないので,ご参考になれば。
スポンサーサイト
12:08 Mac | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示