12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

Macで一太郎

2010/01/27
私の業界,まだ一太郎を使っている人が多いんです。配布されるテンプレートが一太郎だったり,添付ファイルが一太郎だったり。Word2000で十分使える日本語ワープロに成長したと思います,Microsoft Word。そのころから,送っても開けないといわれることのないWordで文書は作成するようになり,今では一太郎の使いかはすっかり忘れてしまっています。

Macに乗り換えて1ヶ月ですが,この間2~3回一太郎ファイルを読みたい時がありました。はじめはWordで無理やり開いて内容だけはゲットしましたが,先日開こうとしたファイルは文字化けの嵐で中身を把握できない状況。

こりゃ何とかしなければと調べたら,Windows互換APIを提供し,Mac上でWINアプリを走らせることのできるDarwineなるフリーソフトがあり,一太郎ビューアが動くとのこと。

さっそく公式サイトからダウンロードしてインストールしてみましたが,なんだか動かない。ファイルを開くダイアログまでは行くんですが,ファイル名が激しく文字化けしていて,その上,選択して開くボタンを押してもうんともすんとも。

公式サイトではアップデートが止まっていて,有志が最新版の配布を続けているというので,その最新版が置いてあるとされるサイトに行くも,膨大なファイル倉庫みたいなところで,Darwineが見つけられません。しばらくネット上をうろうろしていたら,ようやくたどりつきました。

http://www.kronenberg.org/darwine/によるとDarwineのプロジェクトは,現在は「Wine Bottle」のサイトにあると。

Wine Bottleのサイトに飛ぶと,run windows apps on os xってなっているので,ここで間違いがないみたいです。そのページにダウンロードページへのリンクがあるので,リンク先からダウンロードして適当にインストール。英語だらけで,適当な英語読解に基づき,適当に進め,邪魔くさいウィンドウを消したところ,Wineのアイコンをクリックしても何にも起こらなくなり,はて?と不思議がっているうちに,他のことに気を取られ,しばらく忘却しておりました。

本日,ふと,タスクバーにワイングラスのマークがついていることに気づきました。これWineのアイコンでしょ。クリックしてみると,ファイルマネージャーとかいろいろメニューが出てきます。やっぱちゃんとインストールされていたのね。

試しにJust Systemのページから一太郎ビューアをダウンロードして見ると,exeファイルはWineBottleのアイコンで表示され,WineBottleに関連付けられていました。これをクリックして開くと勝手にインストールされ,ファイルマネージャから,Wine内のProgram Files>>Just System>>TAROVIEW.EXEをクリックすると,ばっちり一太郎ビューアが立ち上がり,jtdの添付ファイルを開いてみると,ばっちり開けました。

あぁ,これで,Macで仕事するのに,何の支障もなくなりました。めでたし,めでたし。

スポンサーサイト
12:40 Mac | コメント(0) | トラックバック(0)

Hp 2133 mini-noteにLinuxインストール成功

2010/01/27
こんなにLinuxのインストールが大変だったなんて、知りませんでした。正月に漠然とLinuxをUSBからブートさせて遊ぼうかな?と思い立ってから3週間以上かかってしまった。って、別に毎日インストールを試みてたわけではないですが。だけど、ここ2日間はハマリました。

ことの始まりはやはりMacなんですが、MacOSXの中身がUNIXだというので、Linuxに興味を覚え、たしかUSBからブートできるLinuxがあったなと本屋で数種類のディストリビューションが入ったDVD付きの書籍を購入。

だいたい、Linuxを入れるのにどの程度の容量があればいいのかもよく分からないので、大きいことはいいことだと,予算的に許容範囲の16GBのUSBメモリを購入。早速書籍にしたがって、Windows環境でブートUSBが作成できるというアプリ(名前は忘れた)でubuntuのブートUSBを作成、自宅のデスクトップでブートしてみたら、ディスプレイの解像度が800x600になっていて見た目が多少変だが、ちゃんと起動したのにまず小さく感動。ではということで、レッツノートでブートさせてみると、なぜだか分かんないんだですが,テンキーパッドモードというのか、普通Fnキーを押しながらUIOを押すと456と入力されるところ、Fnキーを押さずに普通にUIOを押すと456、Fnキーを押しながらUIOを押すとようやくUIOと入力できるような状態。さっぱり理解不能で、とりあえず、放置プレイにしておりました。

そして、一昨日。ふと、嫁さんが約1年前に自分用のPCが欲しいとだだをこねて購入し、スカイプがうまく動かない,遅いと文句をいって,全く使いもせずにホコリをかぶっていたhp 2133mini-noteの存在を思いだし、久々に電源を入れてみたら、気が遠くなるほどの挙動の遅さ。あ、ありえない。だいたい、ハイバネーションから復帰するのにそんだけ時間かかっててどうすんの?ってくらいひどいし、ひどいときはブラウザ立ち上げるだけで1分くらいかかってそうな感じ。そうだ!このマシンこそ、Linuxをインストールすべきだ!とLinuxインストール計画がスタートしました.

まず、一昨日は、どのディストリビューションを入れるのかの下調べ。とにかく、vista環境下での重たさがひどかったので、小さい、軽いものをということで、Puppy Linuxに決定。

昨日は、Puppy Linuxの最新バージョンのブートUSBを作成して、LiveUSBでブート。かなりサクサク動くというか、ひっじょーにきびきび動くのに感動。一体vistaのあの重さは一体何だったんでしょうか。

しかし,問題が。無線LANが使えない・・・。WPAのキーを入れて,無線LANにつなぎにいくと、フリーズするんです。調べると,どうやら他の方にも同じ症状がでていたようで、しかもその方は解決されていましたが、私にはちょっとハードルの高い内容。

で、あっさりPuppy Linuxを諦め、ubuntuに照準を合わせました。Ecolinuxも考えましたが,初心者向けのecolinuxEZは開発者自身がubuntuと重さは変わらないのに使いにくいからubunntuを薦めるといっておられますし,Puppy Linuxみたいにうまく行かないときに,メジャーなディストリビューションの方が情報が多いだろうからという理由で,ubuntuをチョイス。

ubuntuのサイトによると,8.10は
• Successful install with xforcevesa option.
• VIA binary video drivers (26oct09) Released. RandR IS working.
• Reference material for 8.10 xorg.conf configuration: /DisplayConfig810
• Webcam issues (ok in Cheese, Fails in other applications)
ということで,ウェブカメラがチーズとかいうアプリでしか動かない以外は特に問題がなさそうでした。一番安定していそうだったので,このバージョンをチョイス。すでに二つ前のバージョンですけどね。

インストールは,xforcevesa オプションで成功するってことになっていますが,これがややこしい。USBからブートさせると,コンピュータに変更を加えずにとりあえず起動させてみるか,HDDにインストールするか等を選択する起動画面が出てきますが,この画面のときにF6ボタンを押すと,画面の下から1/5くらいのところに,「起動オプション」として,アルファベットのおまじないのような記述が出てきて,カーソルを動かして編集できるようになります。ここの最後にxforcevesaを書き足すらしい。

変更前
は,・・・・ tz=Asia/Tokyo utc=no –となっているんですが,この最後の半角スペースとハイフン2個の前の部分にxforcevesaを書き足し(こんな感じ・・・tz=Asia/Tokyo utc=no xforcevesa --)で,「インストールする」を選択するってことのようです。「HP 2133にUbuntu8.10をインストール」とか,「 HP2133 Mini-note PC に Ubuntu8.04 をインストール」参照。

しかし,私の場合,何故か途中でフリーズしてしまい,というか,私にはフリーズしているようにしか見えない状態になり,強制電源OFF。その後なんどトライしてもCUI環境でコマンドプロンプトが出てきて止まってしまうので,ブートUSBの作成からやり直して,Liveセッションで一旦ubuntuを起動させた後でインストールすることにしました。
その場合,やはり起動オプションに追記した後に,コンピュータに変更を加えずに起動を選択。で,立ち上がったubuntuのデスクトップにあるインストールのアイコンをクリックして,インストール。

自動でパーティションを区切り直してくれそうになりますが,vistaで使用している領域ギリギリまで切り詰めようとするので,流石にそれじゃvistaが可哀そうで,vista用に40GBを残して,インストール。再起動させると,あっという間にubuntuが起動しました。起動時間もvistaよりうんと早い!

無線LANの作動を確認して一丁上がりだと早速つなげようとしてみましたが,どうやら無線LANカードを認識していない感じ・・・。ドライバー関係か?とない頭を捻ったところ,やはり,システム設定>>ハードウェア・ドライバから無線LANのドライバをインストールするといいらしい。 https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=2362を参照。

上記情報によると,ハードウェア・ドライバを開くと,自動でダウンロードすべきドライバが表示されるはずなのだが,私の場合,全然出てこない。一体なぜなんだー!!!!

1時間ほど,何度も再起動してみたり,無線LAN周りのメニューを弄ってみたり,苦しみましたが,ふとSynapticパッケージ・マネージャなるメニューが目に入り,もしやこのパッケージ・マネージャの情報が古くて,その中にインストールすべきドライバが載ってないだけだったりして,と思って,そのデータベースを更新した後で,再びハードウェア・ドライバを開いてみたら,あぁ,出てきました。ドライバが。

「有効化」ボタンを押して,ドライバをダウンロード・インストール・有効化すればこれで終わると思ったのもつかの間,今度はどんなに有効化ボタンを押しても,有効化されない。うーむ,何で?もうさっぱりわからん!
それで,やけになって,有効化ボタンを押しまくっていたら,何度目かのトライで,いきなりインストールが始まって,無事ドライバの有効化に成功♪。単にサーバーが混んでただけなのでしょうか。無事無線LANが使えるようになりました。アホみたいなことに引っかかっていただけですが,あー,疲れた。

手順をまとめておくと,
1.8.10のisoイメージをダウンロード,CD-Rに焼く。
2.CD-Rから起動して,ブートUSBを作る。
3.ブートUSBから起動して,起動画面で,F6を押して,起動オプションにxforcevesaを追記し,コンピュータに変更を加えないで起動を選んで,起動させる。
4.インストールする。
5.パッケージマネージャを開いて,パッケージのデータベースを更新する。
6.ハードウェア・ドライバを開いて,ドライバをダウンロード,有効化する。

激重のネットブックが,サクサクマシーンに早変わりですよ。オススメです。
10:51 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

Spotlightがネットワークディスクを検索してくれない・・・の結末

2010/01/26
Spotlightがネットワークディスクを検索してくれない 、で書いたことですが、
来ました。アップルサポートからお返事が。本当はずーっと前にお電話をいただいていたのですが、私が風邪でぶっ倒れていたときにお電話をいただいていて、元気になったら電話してくださいと云われていたのに、電話していなくて。昨日、再びお電話をいただいてしました。恐縮です。

それで、肝心なネットワークディスクについてSpotlightがインデックスを作ってくれないことについては、

「NASのOSがMacOSXでなければ、Spotlightはインデックスを作れない」
「NASのOSがMacOSXでなければ、ファイル共有のプロトコルがAFPであっても、Spotlightはインデックスを作れない。」

ということでした。

MacOSXをOSに使ったNASなんてこの世に存在しない?だろうし、ということは、Macをファイルサーバにしない限りは、ネットワーク上のファイルはSpotlightの検索対象にできないってことですね.

21:15 英語 | コメント(0) | トラックバック(0)

リスニング力アップのために,ネットラジオを聞きながら,寝に落ちる

2010/01/21
どういう理屈に基づくものであれ,英語力のアップのために,たくさんリスニングするというのは概ね推奨されていることだと思います。

昔は,ネイティブがナチュラルに話している音源なんてのは映画とか,旧FENくらいしかなかったのでしょうか。それを繰り返し聞くとか,贅沢に聞き流すなんてことはほとんど無理だった。それが技術と商売の発達により,テレビの2か国語放送とか,語学用のカセットとか,音源自体は簡単に手に入るようになり,MD→MP3プレーヤの登場で,聞き取れないところをしつこく聞きまくるなどの語学練習向きの再生方法が可能になったりと,学習者にとってはありがたい限りです。ネットの登場で,貴重なものをタダで公開するありがたい人も多数登場。海外ドラマのトランスクリプトも簡単に手に入ります。

私個人は,英語の上達のためには,しつこくシャドーイングするなどして,集中してリスニングすることが必須だと思ってます。なんで,石川遼くんには悪いですけど,聞き流すだけで英語が話せるようになるっていうあのCMには賛同できません。

それで,少しでも英語に触れる時間が長くなるようにと,寝入りばなにiPodでリスニングをしたりしてましたが,ひとつのマテリアルを何度も聞いたり,シャドーイングしたりすると,飽きちゃうんです。どうせ,大抵は途中で寝てしまうので,どうてもいいっちゃいいのですが,やっぱり聴き始めの部分では,もうこれ聞きあきたなぁって。

Podcastで毎日新鮮なマテリアルを聞けばいいじゃん,という方法もありますが,こういうメモリーにストックされたものを聞くのって,後から消さなきゃなんないし,なんとなく「聞き流し感」がないので(ってさっき言ったことと矛盾しそうですが,集中して聞き流すんですっ!!),CNNなどの「放送」を聞きながら寝に落ちたい!!というのが強い願望でありました。AFNが入らない田舎者の私にとって,放送といえば,CNN。

で,
1 CNNを寝室にひく
・・・またスカパーの契約が必要なので,毎月ウン千円を払ってまでしたいことではない。

受信できる残された「放送」は,

2 PCでネットラジオを聞く
・・・寝返りをうったりして,ヘッドホンのコードでPCをひっくり返して壊しそう。ラジオを聞くごときでPCを立ち上げるのがうざい。スリープタイマーで途中で電源を落とすのも面倒そう。

みたいな検討の結果,私の希望は現状では叶えられないと諦めておりました。

ところが,iPhoneでインターネットラジオが聞けることがわかりまして。iTunesでもOKですし,Skycastとか,Fstreamという無料アプリもあります。NPRは専用のアプリがありますね。これでNPRとか,BBCとかのニュースを専門で流しているあちらの放送局を手軽に聞きながら,iPhone付属のタイマーでスリープ機能を使って,電源OFFにもでき,まさに私の希望していた環境があっさり実現!!

ただ,Wi-Fi接続なので,無線アクセスポイントが一晩中つきっぱななしなので,いまいちエコじゃないですが。3G接続ならいいのかな?3G接続とWi-Fi接続でどれくらい消費電力が違うんですかね。それと,どうせパケットし放題なんですが,なんとなく気分的にあんまり3Gで接続したくないみたいな気持ちが強いんですよね。

兎に角,日本にいながらにして,アチラのニュース専門局の放送を聞きながら寝に落ちるという一昔前では考えられなかったことが簡単にできるということ感謝。
12:35 英語 | コメント(0) | トラックバック(0)

体外離脱(幽体離脱)

2010/01/14
またまた超常現象ネタ。

体外離脱というより,幽体離脱っていった方がメジャーですよね。人間の霊魂だけが体から抜け出すってやつです。どうやら体外離脱は誰にでもできるようです。Googleで「体外離脱」で検索すると,体外離脱の方法を解説したページがたくさんヒットします。

しかも,どなたかがご自分の体外離脱体験をテーマにしたスレッドを2chに立てたために,次々とフォロワーが現れ,沢山の方々が体外離脱に成功しているらしいです。

これらのページの解説によると,体外離脱とは人間がレム睡眠中に見る超リアルな夢だということのようです。

意図的に体外離脱するメジャーな方法は,いわゆる金縛り状態を経て体外離脱する方法のようですが,上記のごとく,金縛りになるときにはどのような現象が現れるかを解説されております。しかも,みなさん,内容がかなり似通っています。大体の方が,眼を閉じていると,まぶたの裏にウニョウニョとした光が飛び交う→光の玉が見えてきて,光の玉が大きくなる→体が小刻みに振動しはじめる→体が大きく振動し始め,幻覚,幻聴,幻触が現れる→金縛りという流れのようなんです(「体外離脱」で検索してヒットするウェブページ群より)。

面白かったのは,体外離脱とは無関係によく金縛りに遭う方の金縛りの描写。この記事の筆者は,体外離脱を試みたりなんてことはなく,単に昔からよく金縛りに遭っていた方で,単に金縛りになるまでのプロセスを詳しく描写されているだけです。この記事です。金縛りを愉しもう!金縛りになる5つのコツ。驚いたことに,ほとんど内容が一緒。自然になる金縛りも,意図的になる金縛りもまったくおんなじ現象のようです。

しかも,もう一つ,ヒッジョーに驚いたのが,「頭内爆発音症候群」という病気の存在。

上記のように,金縛りになるときに,幻聴が聞こえるらしいんですが,この聞こえる幻聴の中に,爆発音が聞こえることがあるそうなんです。ところが,世の中には,金縛りとは無関係に,就寝前に爆発音の幻聴が聞こえてきて眠れないと訴える「患者」さんがいて,この症状について「頭内爆発音症候群」という病名がつけられているそうな。

それって,金縛りの一歩手前で幻聴が聞こえているだけじゃん?

かたや体外離脱しようと意図的に爆発音などの幻聴を聞きたがる人間がいる一方,かたや寝ようとすると爆発音の幻聴が聞こえないと病院に行って,しかも「爆発音症候群」なんて病名までつけられているなんて。一方が,体外離脱をしたがるなんて子供じみたお遊びなだけに,そのコントラストが笑えました。

で,かくなる私も,ここ2日ほど,就寝前に体外離脱にトライしているんですが,全ッ然だめですね。1時間ほど,寝ているのか,寝ていないのか分からないような状態で頑張りましたが,ダメ。さらにこれをやると眠れなくなっちゃうので,就寝時にトライするのはもう辞めることにします。明け方の二度寝時の方が成功率が高いので,明日の明け方から再び頑張ります。

さらにもう一つ笑ったのが,「金縛り」で検索したときに,金縛りはレム睡眠時に頭は覚醒しているけど,身体が寝ている状態で,見えるもの,聞こえるもの全部幻覚という説を唱えるたくさんのページに混じって,大真面目に金縛りは地縛霊の仕業と主張するページがあったこと。ははっ,こっちは大真面目に金縛りに遭おうとしているのに。
17:24 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »