11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

MacOSXにnamazuをインストールする

2009/12/31
前のエントリで書いたように,現状では,私のネットワーク上のnasに保存されたフィアルについて,Spotlightがインデックスしてくれません。そこで思いついたのが,日本語全文検索システムnamazuをインストールして,ネットワークディスクのファイルはナマズに探させようかなと。何か全文検索をしてくれるフリーソフトでもないかしらと探していたら,出てきました,Namazu。そういえば,一昔前,自分のホームページ内を検索するのに,このナマズを使っているページが結構あったことを思い出しました。

Win用やLinux用にはバイナリパッケージが用意されていましたが,マック用のはない・・・。もともとはUNIX用のソフトでどうやらソースリストからコンパイルすればMacにもインストールできるみたいですけど,ぱっと眺めた感じ,ものすごく大変そう。どうやら,UNIXの初歩的な知識くらいはないととても無理そうだったので,これを購入してお勉強しました。



とりあえず,ディレクトリの移動,作成,圧縮ファイルの解凍,ルート権限でのコマンドの実行などをさらっと。Winのコマンドプロンプトみたいなもんですね。で,この本に,「UNIXプログラムをソースからインストールする」という解説で,インストールの仕方だけ大枠をつかんで,以下のサイトを参考にインストール作業開始!

Macintosh OS XにNAMAZUをインストールする
Namazu: インストール(←本家のサイト)
Namazu2.0入門

GNU gettext
nkf
TEXT::NKF
Chasen
Chasenの辞書
TEXT::Chasen
Namazu
の5つを,

解凍
./configure
make
make install
make clean
の作業をよく意味もわからないままバンバン繰り返しました。が,何とかなるもんです。Chasenのmakeでエラーが出るまではさくさく進行。

Chasenのmakeでエラーが・・・。makeって,ソースプログラムをコンパイルするコマンドですよね。うー,私には何が悪くてエラーが出ているのかよくわかりません。

エラーが出ているファイル名で検索すると,何やらソースファイルの何行目をこのように修正すればよろしいという情報が2,3サイトに載っていたので,早速ソースリストを確認すると・・・,全部修正してあるじゃないか!!私がダウンロードしたファイルはすべてこれらのサイトが指摘するところを指摘の通りに修正してあります。なのに何故コンパイルできないのか!!

バージョンがもっと古ければ何とかなったりしてという全く根拠のない考えから,一つ古いバージョンをダウンロードしてmakeすると,今度はすんなりOKとなりました。なんでなんだろう?Macのコンパイラが古くて,古い書き方じゃないとコンパイルできないからなのか?ま,結果オーライということで,先に進みました。

無事namazuまでインストールが終了し,早速試しにnas内の任意のフォルダのインデックスを作るようにコマンドを実行してみました。のっけからいきなりメッセージが文字化け。ターミナルの文字セットがutf-8なのがいけないのだろうと,環境設定から文字セットをeucに変更すると,文字化けは解消したが,メッセージには,インデックスを作る対象のファイルがないなどという素っ気ないメッセージが。

いろいろ実験してみたところ,まず,.docのファイルがデフォルトではインデックスの作成対象に含まれていないことが判明。”-a”オプションをつけると,すべてのファイルのインデックスを作るようになるらしい。しかし,このオプションをつけてもうまくいかないため,さらに実験を重ね,索引作成対象のディレクトリに日本語の文字が含まれているとだめだということまで判明。アルファベットにリネームするとうまくいくんです。サブディレクトリなら日本語の文字が含まれていてもOKだったので,とりあえず,私の場合はそれで問題解決。

で,今度は,.docを解析するための文書フィルタが依存しているwvWareが必要らしく,そのインストールをせねば。インストール作業,ホント大変です。

しかし,今度もmakeでエラー。代入式の左右で型が違うというエラーメッセージなんですが,それを修正できるだけの知識もなく・・・。ネットをさまよいながら,もうだめか,知識もないのに,ここまで来れただけでも十分じゃないか・・・とあきらめかけていたころ,macportsにマック用のパッケージがあるのを発見!

早速macportsをインストールしましたが,インストール後,パスを通したりするために設定ファイルを書き換えなければならないみたいで,面倒くさくなり,作業はここで中断することにいたしました。

いやあ,それにしても大変打なあ。
スポンサーサイト
13:20 Mac | コメント(0) | トラックバック(0)

Spotlightがネットワークディスクを検索してくれない

2009/12/24
Macに乗り換えて,多少困っていることが,Spotlightがネットワークディスク上のファイルをインデックスしてくれないこと。

私はデータの大半をBuffaloのNAS,LS-WH1.0TGL/R1に保存していました。徐々にフォルダ数やファイル数が増えてきて,探すのに目がチカチカすると思い始めていたころにGoogle Desktopがリリースされ,速攻インストール。近ごろはファイルを探すのは,もっぱらGoogle Desktopに頼っていました。

Mac OS XにはSpotlightという検索機能があり,アップルは超高速だと自慢しています。で,早速Spotlightを使ってみたら,ネットワークディスク内のファイルの検索が異常に遅い。検索が終わるのに1分以上かかるんです。Goolge Desktopではせいぜい10秒か15秒くらいだったので,その差は歴然。この遅さはインデックスされていないに違いない。

調べてみたら,BINGO!デフォルトでは外部ディスクはインデックス作成の対象ではないとのこと。インデックス作成の対象にするには,アプリケーション→ディスクユーティリティ→ターミナルを立ち上げて,

mdutil -i on /Volumes/ボリューム名

と打ち込めばOKとのこと。このコマンドを打ち込んでしばらくすると,タスクバーのSpotlightのアイコンが瞬くかなんかして,インデックス作成を始めるらしい。早速やってみたが,いっこうにそんな状態にならないし,試しに検索してみると,今度は一転して,なーんにもヒットしなくなった。

どうやら「まだ」インデックスされいないっぽい。ネットをあさると,Spotlightがインデックスを始めるのを待っていられないので,「すぐに」インデックスを始めさせるコマンドがあるらしい。

mdimport /Volumes/ボリューム名

か,

mdutil -p /Volumes/ボリューム名

mdimportの方は,なにやらMicrosoft office.mdimporterが現行の64ビットアーキテクチャにマッチしてない,"arch -i386"ならもしかしたらうまく行くかも,みたいなメッセージが出てくるので,

arch -i386 mdimport /Volumes/ボリューム名

としてみると,64ビットアーキテクチャうんたらというメッセージは出てこないが,しばらくすると,なにやらうまく動作できていないらしいメッセージがいろいろと出てきて,検索してみてもうまく行かない。

mdutilの-pオプションを試すと,Index publishing not implementedというエラーメッセージが。

エラーメッセージなどを頼りに検索を続けていると,気になる記載がいくつか。日本語のページで私と同じ症状の方はお一人だけ。後は全部英語。必至に英語を読んでみると,

Spotlightは,HFS+というマックのファイルシステムだけが持っている情報を元にインデックスを造っているので,HFS+でないとだめだとか,Windowsのファイル共有プロトコルであるSMBで接続されたボリュームの検索ができないというディスカッションがいくつか。

てことは,ネットワークディスクのファイルシステムがHFS+でないからだめなのか?

あるいは,ファイル共有がSMBだからだめなのか?


AFPを調べていたら,AFPも,マックのファイルシステムの仕様の拡張に併せて仕様を拡張させてきた,AFPをMacOS以外のファイルシステムの元でで実装するにはなにやらその特有の情報を受け渡しする代償機構が必要になるという趣旨の記述も。

どうやら,SMB接続のネットワークディスクについては,Spotlightはインデックスできないっぽい。

本日,アップルのサポートに電話してみたところ,Spolightがネットワークドライブの検索に対応したのは,Leopardからだが,その動作条件として,AFPで接続することという注意書きがあるので,インデックスが構築されないのはSMBで接続しているせいかもしれないということでした。ネットワークドライブの検索の動作条件にどのような者があるのかなど詳しく調べてから回答するとのこと。

お使いのネットワークディスクがAFPに対応しているなら,そちらも試してみてくださいということでしたが,それだと他のWindowsマシンからアクセスできなくなるし。Windows用のAFPクライアントソフトを見てみたら,すごい高い有料のものしかない。

となると,選択肢としては,データをマックに移してしまうかですが,NASはRAID1でデータを保護したくて導入した物で,その意味がなくなってしまうしなぁ。こりゃ,目がチカチカするのを我慢しながら,ファイル探すしかないかな。


23:28 Mac | コメント(0) | トラックバック(0)

Windows→Macデータ移行中

2009/12/23
WindowsからMacへのデータの移行も,それなりの手間はかかりますが,簡単ですね。Win→Winと手間は変わりません。

まずは,メールのデータ。わたすはThunderbirdを使っていたので,移行は簡単でした。WindowsのDocuments and Settings\ユーザ名\Application Data\Thunderbird\Profiles\****.defaultををMacの/Users/ユーザ名/Library/Thunderbird/Profiles/にコピーし,もともとあったxxxx.defaultを削除,そののち,****.defaultのフォルダ名をxxxx.defaultに書き換え。こんな面倒なことしなくても,WindowsのDocuments and Settings\ユーザ名\Application Data\Thunderbird\ProfilesををMacの/Users/ユーザ名/Library/Thunderbird/Profilesにコピーするだけでいいみたいです。

iTunesは,これもマイミュージックのiTunesフォルダを,自分のアカウントのミュージックフォルダに貼付けるだけ。

Outlookの連絡先のデータをアドレスブックに移行するのには多少手こずりましたが,最後に黄金の方法を発見。最初はcvs経由でやろうとしたんですが,アドレスブックのインポーターが,cvsのフィールドを適切に認識してくれないんです。cvsファイルの列の並びが悪いんじゃないかと思って色々入れ替えてみたりしても全然だめ。

では,vCardで移そうかと考えるも,連絡先を一括してvCardファイルにする方法が分からず,しばらく試行錯誤。で,うまくいったのが,この方法。

1 連絡先カードを全部選択する
2 プルダウンメニューに「vCardとして転送」があるので,それをクリック
3 すると,すべての連絡先がvCardファイルとなり,メールに添付される
4 それを自分宛にメールする
5 送信済みメールの添付ファイルを全部選択して,任意のフォルダにコピー
6 Macのファインダーでそのフォルダを開き,全部選択して,アドレスブックにドラッグ

これで,一気に登録されました。

もしかしたら,自分宛にメールしたそのメールをMacで受信して,その添付ファイルを一括してアドレスブックに登録する方法もあるのかもしれませんが,Mac初心者の私にはできませんでした。なので,5と6の方法でやりました。一括して登録する方法がなかなかはっきり書いてないので,ご参考になれば。
12:08 Mac | コメント(0) | トラックバック(0)

iMac乗り換え,満足!

2009/12/23
購入したMacは,27インチiMacのクワッドコアのやつ。それが12月18日金曜日のこと。その日は酒を飲みにいく気満々だったので,週末にセッティングすることにした。土曜日曜と溜まった仕事を片付けて,日曜の午後にセッティングを開始したが,本当にアポーの兄ちゃんの言った通りだった。LANケーブルを刺して電源を入れたら,それだけでWindowsとのファイル共有ができちゃってます。超かんたん。

プリンタが使えないと仕事にならないので,次にプリンタドライバのインストールに取りかかる。プリンタはキャノンのカラーコピー機なのですが,取説の設定画面と,わたすのiMacの設定画面が微妙に違うんです。で,なぜかうまくプリンタの追加ができない。なぜだー!!!と頭を抱えながら,ネットを漁ると,キャノンのサポートページに,MacOS 10.6への対応についてなるものを発見。何だ,ドライバが古いだけじゃないですか。気を取り直して,ダウンロードしたドライバをインストールして,無事プリンタの追加も終了。

MicrosoftOffice for Macをインストールして,LANディスク内のワードやらエクセルのファイルを開いてみたら,フツーに表示されるので,また安心。

これで月曜から普通に仕事ができる。しかし,本当にWin→Macの乗り換え,シームレスです。
11:25 Mac | コメント(0) | トラックバック(0)

iMacを衝動買い

2009/12/23
この数ヶ月,使っていたWin機の調子が悪いというか,遅くて,そろそろ買い替え時かななどと考えていたところだったんです。ちょっとしたことをやると,すぐ砂時計マークが出てきて,ハードディスクがカチャカチャ音を立てているのに超イライラ。6年も前に購入したceleron機でした。

もちろん,Macを買うつもりなんて全くなかったので,エプソンとか,DELLのページでいくらくらいで買えるのかななどちまちまチェックしていましたが,最近になり,妻が今年は経費が足りないので,パソコンを買うなら今すぐ買い替えろというので,急に買い替えることにしましたが,突然,Macもいいなと思いつきました。なんでこんなことを思ったのか,きっとiPhoneの操作性に激しく心を奪われていたからに違いありません。

とはいえ,仕事場の4台のPCで組んだLANはすべてWinXP。1台だけMacにしても大丈夫なのか,それが気がかりでした。一昔前,WindowsとMacでネットワークを組むのは大変だというのを聞いたことがあったからです。しかし,MacOSの進化ぶりはすごいんですね。ネットで漁って見た感じでは,ちょこちょこ設定すれば,ゼーンゼンNo Problemのようでした。で,先週金曜日の12月18日,ベスト電器(って,どこに住んでいるかバレバレ)のどうやらアポーから派遣されて来ているらしきお兄ちゃんにLANのことを聞いてみると,Lanケーブルつなぐだけで設定は不要,ネットワークディスクも全然OK,MicrosoftOffice for Macでも,レイアウトが崩れることは特殊なフォントを使っている以外ならほとんどない,っつーので,大いに安心。

問題だったのは,キーボードだけ。わたすは仕事的にテンキー必須だったんですが,テンキー付きのキーボードのセットの在庫がないそうで,で,テンキー付きキーボードで注文したら,年内は当然無理で,製造ラインが逼迫していて,もしかしたら1ヶ月待ちもあり得るとのこと。そういえば,アポーの副社長がiMacの出荷が遅れていることを謝ったっていうニュース記事を読んだっけ。液晶ディスプレイの製造に問題発生中との噂もあるけど,副社長はコメントを避けたとか。どうしても今すぐ欲しければ,標準のワイヤレスキーボードセットと別売のテンキー約5000円也を買うっつー方法もありますよ,って,えーっ!?1ヶ月待ちは嫌だが,そのテンキー付きキーボード追加購入というのも無駄な買い物するようで気が引ける・・・。

一晩悩んで明日また来ると言い残して売り場を去ったものの,1ヶ月は待てそうになく,明日また店まで来るのも面倒なので,店の出口で踵を返し,やっぱ即日購入することに決定!お兄ちゃんに笑われながら,お持ち帰りと相成りました。
11:11 Mac | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。