10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Arch LinuxでCanonのプリンタが突然使えなくなる,のと,iMacとnomodeset

2017/09/28
iMac Late 2009のオンボロPCにYosemiteのほかに,Arch Linuxをデュアルブートさせて,もっぱらArch Linuxを使っております。CanonのカラーイメージランナーIRC2550Fをネットワーク接続で使っております。こちらも再リースを重ねた年代物。

OS Xというのか,macOSというのか,まぁ8年選手にはAppleのOSは重くてイライラさせられますが,Arch Linuxは軽快にキビキビ動くので,これ,永遠にPCを買い直す必要ないのではないか?というくらい。

Linuxで困るのは,周辺機器のベンダーがLinux用のドライバを提供していないことが多いことですかね。

いままで,AURから,Lone_Wolfさんがメンテしているパッケージをビルドして使っていましたが,これまである日突然プリンタがプリントしなくなる事故に2度遭遇。

最初は,ある日突然,プリンタがうんともすんとも言わなくなったので,あれれれれ?と一体何が怒ったのか?と。その日,某パッケージをインストールしたところだったので,こいつのせいか?とあたりを付けて,そのパッケージをアンインストールしたら再びプリンタが使えるようになったので,犯人はすぐに判明しました。そのパッケージが依存関係でインストールしたlib32-libjpeg-turboがインストールされているとプリンタが動かなくなります。何か干渉を起こしていたのでしょう。大して必要なアプリでもなかったので,そのアプリの使用を断念することで解決を図りました。

しかし,今月になって,再びプリンタが反応しなくなる事態が発生。その日も,あるアプリケーションをビルドしたばっかりだったので,こいつのせいに違いないと踏んで,ビルドしたアプリを削除してみましたが,今回は削除しても挙動は変わらず...。うーむ。何かインストール,アンインストールの過程で,何かシステムを壊しちゃった?と思って,面倒だったので,Arch Linuxを再インストールすることにしました。

が,システムの再インストール後でも,プリンタが動かないーーーー。何度もcupsとドライバを入れ直しても,まったく動かず。VirtualBoxにYosemiteとWin10を入れて,VMから印刷を試みましたが,なぜかこちらもエラーで印刷できず・・・。2週間ほどなんにもプリントできないことが続き,流石に仕事に触るので,思い切ってフォーラムに質問してみました。

驚いたことに,パッケージのメンテナーのLone_Wolfさまから直々にアドバイスを賜り,原因が判明しました。

8月にアップグレードされたlib32-glibcが原因でした。バージョン2.25-5にダウングレードすると印刷機能が復活し,バージョン2.26-1にアップグレードするとプリンタが動かなくなります。

9月に某アプリをビルドするときに,ミラーからそんなファイルないよーと怒られたので,システム全体をアップデートしたときに,このライブラリもアップグレードされたのが原因でした。

ただ,ライブラリの名前からしていろんなパッケージがこれに依存していそうなので,これをダウングレードしたままにしておくのは怖いなぁ・・・と思っていたところ,Lone_Wolfさまから,キャノンがArch Linuxを放置プレイしていて,プリンタが動かない間は,みんあubuntuのVMから印刷していたという話を聞いて,早速LubuntuをVirtualBoxに入れてみたところ,今度はバッチリ。印刷のためだけにVMを立ち上げておくのもアレですが,キャノンはArch Linuxはサポート対象外ということで,Archで不具合が出ても,対応してくれないみたいです。Ubuntuはサポート対象らしいので,キャノンのドライバがアップデートで偶然Archでも動くようになるまではこの体制で行くしかないです。

VirtualBoxの設定>ネットワーク>アダプタ1の「割り当て」をブリッジアダプターに変更して,
(これでゲストに独自のIPアドレスが振られる)
ゲストのubuntuの方でプリンタの共有を有効にして,
公式Wikiに従ってホストの方にavahiをセットアップしたら,

ホストのプリントダイアログで普通にゲスト上のプリンタが表示されるようになりました。

というわけで,現在,Arch Linuxのホストをデスクトップ1で,Lubuntuのゲストをデスクトップ2で使用中。CPUをそれぞれ4つに割り振って,ゲストにはメモリを2GBを割当。ゲストもホストも,Yosemiteよりきびきび動いております。macOS重すぎ・・。

というわけで,iMacでArch Linuxをデュアルブートで使うのは超オススメなのですが,インストール時にすごくハマったことがあったので,それを追記しておきます。

詳しいことは理解しておりませんが,KMSとディスプレイドライバの相性が悪い(と表現していいのかどうかわかりませんが),とにかく,インストーラーを起動するときも,インストールしたArchを起動するときも,KMSを使わないように設定しないと,画面が真っ暗になって,なんにも表示されません。

インストーラーを起動するときに,ブートメニューが表示されているときに「e」を押して,そこで評されるカーネルパラメーターの末尾にnomodesetと追記した上で起動させる必要があります。インストールしたArch Linuxも,ブートローダーの設定ファイルにnomodesetを書き足す必要あります。

ドライバも汎用のxf86-video-fbdevでないと使えないのではなかったかな???これだとアクセラレーションが効かないのか,mameでレトロアーケードゲームをしようとすると,フレームを間引きしないと遅くて遊べませんw ワープロとメールとネットくらいでしか使わないので,全然問題ありません。
スポンサーサイト
09:56 Linux | コメント(0) | トラックバック(0)

Canonの複合機が一部のPDFファイルをプリントできない・・・

2017/05/18
iMacにLubuntu入れたり,archlinux入れたりして,iMacを延命させております。ほぼ問題なく使用できているのですが,一点だけ困ったことが。Canonのカラー複合機のiRC-2550Fを使っているのですが,一部のPDFファイルを印刷しようとすると,ページの上の方に,なにやら元のPDFファイルが歪んだようもののようなわけのわからないものが印刷され,下4/5くらいは一面真っ黒のものが出力されるのです。困った,困った。

どうも圧縮率の高いPDFがだめみたいなのですが,きれいに印刷できないPDFと普通に印刷されるPDFの違いがよくわからない。ネットでいろいろ調べても解答は見つからず。

仕方がないので,PDFを一旦jpgなどの画像ファイルに変換して印刷していおりました。1〜2ページならよいのですが,これが数ページに渡るものだと,流石にページごとにjpgに変換して,印刷して・・・というのは手間がかかりすぎて,やってられません。

PDFを一旦マルチページtiffに変換した後に,再度PDFに変換して,再変換したPDFなら印刷が可能なことを発見しました。

それで,それを自動でやってくれるスクリプトにしました。

#!/bin/bash

convert -density 300 $1 new.tiff
convert new.tiff new.pdf
gs -dBATCH -dSAFER -dNOPAUSE -dFirstPage=1 -dLastPage=100 -sDEVICE=pdfwrite -sOutputFile=print.pdf new.pdf

lp -o InputSlot=Cas2 print.pdf

rm -fv new.tiff new.pdf print.pdf



これ,PDFをドロワー2に入れている裏紙に印刷させるスクリプト。これの他に,両面印刷と普通に片面印刷するスクリプトを用意して,使い分けています。使い方は,

chmod 755 SCRIPTNAME.sh
して,実行権限を付与して,スクリプトと同じディレクトリにPDFファイルを配置して,

./SCRIPTNAME.sh PDFFILE.pdf


#!/bin/bash

convert -density 300 $1 new.tiff
convert new.tiff new.pdf

filename=`echo $1 | cut -d "." -f 1`

gs -dBATCH -dSAFER -dNOPAUSE -dFirstPage=1 -dLastPage=100 -sDEVICE=pdfwrite -sOutputFile=${filename}_printable.pdf new.pdf

rm -fv new.tiff new.pdf


とするなら,問題ありのPDFファイルを普通に印刷可能なものに変換,ファイル名に_printableを追加して出力します。ファイルサイズが4倍くらいになります。やはり圧縮の問題?

ImageMagicKとGhostScriptが必要です。

12:27 Linux | コメント(0) | トラックバック(0)

Macbook Air mid 2010 にarchlinuxをインストールするのにワイヤレス設定でハマった

2017/04/07
つづいて,Macbook Air mid 2010にarchlinuxのインストールを試みて,ハマったこと。

基本的に,
MacBook - ArchWiki - Arch Linux
[翻訳] MacBook Air に Arch Linux をインストールする(デュアルブート) - Qiita
にしたがってインストールしていくだけ。

だが,また,ネットワーク関係でハマった。

公式のWikiにワイヤレスでのネットワークへの繋ぎ方が書いてない。MacbookにはLANケーブル繋ぐとこないんだから,それぐらい書いておいてよ・・・。2番めの記事に書いてあったので,すぐ分かりましたが・・・。archisoで

wifi-menu



とコマンドを打ち込むと,アクセスポイントがずらずらと出てくるので,↑↓キーでAPを選んでエンター。パスフレーズを入力して接続。Macbookによってはうまく行かない機種もあるようです。その場合は諦めてUSBのLANアダプタをどっかから調達しましょう。

それで,archlinux本体のインストールはさくさく進むのですが,ブートローダーをインストールしたあとに最初にarchlinuxを起動させたあとのワイヤレス接続。Wikiを隅々まで見ないでやっているのが悪いのだが,さっきwifi-menuコマンドで繋がったので,今度もwifi-menuで繋がると思うじゃないかっ!!しかし,今度はwifi-menuコマンドではエラーが出て繋がらない・・・。で,何か問題があると思うわけで,

# lspci | grep Network



でネットワークカードを調べると,BroadcomのBCM43224。

Broadcom のカードが載っている場合、Broadcom BCM4312 のページに従って下さい。



とあるので,そのページ,Broadcomワイヤレスに飛ぶ。すると,そこには驚愕の事実が記載されていた。

ノート: b43 モジュールがロードされて機能しているようなのにデバイスにアクセスできないときは、おそらく bcma モジュールをブラックリスト化する必要があります。下のトラブルシューティングを見て下さい。それで問題が解決しない場合、b43 を使うように CONFIG_B43_BCMA_EXTRA オプションを設定してカーネルを再コンパイルしなくてはなりません。このオプションはモジュール間での競合状態を解決するために導入されたもので BCM4322, BCM43224, BCM43225 チップセットのカードでは必須です。



CONFIG_B43_BCMA_EXTRA オプションを設定してカーネルを再コンパイルしなくてはなりません。
BCM43224チップセットのカードでは必須です,必須です,須です,です,す・・・・・
カーネルの再コンパイル,って,俺には敷居が高すぎる・・・・

でも,頑張って,友達からUSBのLANアダプタ借りてきて,何とかオプションを設定して,カーネルの再コンパイル,やろうとしました。しかし,CONFIG_B43_BCMA_EXTRAオプションを設定するところがない。

ネットをさまよい歩くと,英語ですけど,私と同じことをしようとしている人がいて,CONFIG_B43_BCMA_EXTRAオプションがないんだけど?という質問が。その質問に,カーネルのバージョンいくつからはそれはしなくてよくなったから設定項目が消えたという回答もあり。それで,英語の方の公式Wikiを見ていると,日本語にはある再コンパイルが必須という部分は相当する記載がありません。日本語のwikiが古かっただけのようです。おい,おい。

結局,ワイヤレス設定の公式Wikiの手順通りに設定したら,普通につながった。

要は,archlinux本体をインストールしたあとは,wifi-menuではワイヤレス接続はできないので,iwとか,wpa_supplicantとかを入れて,このコマンドで設定するということですね。そして,忘れてはいけない,dhcpcdなりでIPアドレスを取得すること。

ちょぼちょぼハマりますね。

13:11 Linux | コメント(0) | トラックバック(0)

iMacにLinuxでお仕事環境構築♪ 〜オフィススイート編〜

2014/10/04
PCでのお仕事環境とは何ぞや?そりゃ、 Microsoft Officeに決まっているじゃないですか。WordやExcelのファイルは開けて当然だし、開けないといわれたことはないし、メールにガンガン添付されてくるし。仕事でPCを使おうと思うからにはMicrosoft Officeはあって当然、なけりゃ仕事にならない。5年前にMacに乗り換えたときも、Mac版のOfficeがあったから安心してWindows環境からMacに乗り換えたわけだし。Macの反転攻勢も、Steve JobsがBill GatesとMac版Officeのリリースを約束してから始まったような気もしなくはない。

で、Linux版Microsoft Officeはあるのか?そんなものはこの世に存在しない。



しかし!あの中華性パクリソフトのKingsoft Officeがある!!!あのユーザインターフェースのクリソツぶりと、高い互換性で、BTOパソコンを中心に密かな人気のKingsoft Officeが!!!

しかも、何と無料!!!!!!!!!!!!!!!

これが私がLinuxにお仕事環境をいこうさせようと思った最大の理由だった。Microsoft Officeって、信じられないくらい高いっすよね?プリインストールじゃなきゃ誰も買わないって。しかも、プリインストール版ってだいたいPersonalで、PowerPointがついていないのだ。すくなくとも、5年くらい前までのプリンストール坂にはPowerPointは付いていなかった。その昔、パワーポイント2007のファイルを作る必要に迫られたものの、持っていたのはパワーポイント2003、アニメーション効果のサポートが貧弱で、どうしてもパワーポイント2007が必要だったのだが、あまりの高さに途方にくれていたころ、颯爽と登場したのがKingsoft Officeだった。高い互換性を売りにしていただけに、なかなか使えたアプリケーションだった。最後には人のPCを借りて微修正したけど、大部分はKingsoft Officeのプレゼンテーションでスライドを作成した。というか、できた。

あのKingsoft OffceのLinux版があるだと?そりゃ乗り換えるに決まっているじゃん。ということで、俄然乗り気になった。デュアルブートの気楽さもあるしね。

で、インストール自体は実に簡単なのだ。ここ がトップページで、ここからダウンロードできる。

Debian用のパッケージとRed Hat系用のパッケージがあるので、本体と日本語化パッケージがあるので、それぞれダウンロードして、本体と日本語化パッケージをダブルクリックして、パッケージインストーラーにインストールしてもらうだけ。実に簡単。

ちょっと問題があって、ここで配布されているパッケージは32ビット用のバイナリで、64ビットのシステムで動かすには
ia32-libというライブラリが必要だという。

というわけで、そのia32-libをインストールすべく、ターミナルから

sudo apt-get install ia32-lib

とコマンドを入力して、ia32-libが依存しているパッケージも含めて一挙にインストールしようとするが、なにやらエラーが出てて、うまくいかない。

あっ、やっぱ、Linuxをインストールしようとするんなら、Linuxとは何ぞやとか、端末エミュレータの使い方くらいのかかれている入門書を一冊読んだ方がいいでしょう。というか、その程度の知識は必要だし、私にもそれ以上の知識はない。ので、その程度で十分。

エラーメッセージを読んで、ググった限り、どうも、ia32-libが依存しているパッケージをインストールしようとしたのだけれども、さらにそのパッケージが依存しているパッケージがインストールしてないらしくて、エラーが出ている臭かった。ただ、その当該パッケージが依存しているパッケージすら勝手にインストールしてくれるはずだがね>>>apt-getコマンド

なので、単純にインストールされるパッケージの順番の問題、つまり、AというパッケージがBに、BというパッケージがCに依存している場合に、Cがインストールされる前にBをインストールしようとしたからエラーがでたのかなぁくらいのイージーな考えに基づき、エラーが出てターミナルに戻る度に、ただひたすら、

sudo apt-get install ia32-lib

と打ち込んで実行させていたら、いつの間にかエラーが出ずに正常に終了したwで、試しにWordのファイルを開いてみたら、ばっちり。

これは、自宅のlubuntuの話。仕事場のwattOSの場合は、ベースがDebian7なので、以下のコマンドを実行xさせるだけで、32ビット用のバイナリが実行できるよう。ここなんか参照。

$ dpkg --add-architecture i386
$ apt-get update

これでばっちりMicrosoft Officeのファイルを開いて編集でできるになるのですが、いかんせんフォントが・・・・。まぁ、MS 明朝とか、同じフォントを入れればいいわけで、金さえ払えば分けないですが、合法的に無料でゲットする方法もなくはなく。あとはググってください。






22:18 Linux | コメント(0) | トラックバック(0)

iMacにLinuxでお仕事環境構築♪ 〜インストール編〜

2014/10/03
Macが重い。iMac late 2009。Core i5、メモリ4GBで、Mavericksにアップグレードしたら、何をするにも挙動が遅い。テキストボックスをクリックしただけで風車数秒とか,サファリを起動させるのに,何十秒もアイコンがジャンプしてたり・・・。

買い換え時か。と思いつつも、なんとなく納得行かず。購入時はすごいスペックだったのにぃ。OSが重くなるからいかんのじゃあ!

で,Linuxなら軽いかなぁと思いついた。5年前にvista搭載のネットブックにubuntuをインストールしたら、凄い軽快になったことも思い出した。あのときは,スピーカがならなくて、諦めたけど。

それで、ubuntuを入れようとしたけど、まずUSBからブートさせられない。まことしやかにブータブルUSBの作り方がフォーラムに載ってるけど、オプション推しながら再起動しても、USBが起動可能なドライブとして表示されないんだよね。

アップルのホムペでは、

Intel ベースの Mac は、次の条件を満たす外部 USB 記憶装置のボリュームから起動することができます。

GUID パーティション方式でフォーマットされている。
USB デバイスが接続される Mac に、互換性がある (または 付属する) Mac OS X 10.4.5 以降、または Mac OS X 10.5 以降がインストールされている。注意:Mac に付属するバージョンよりも前の (古い) バージョンの Mac OS X は、使わないでください。

上記の要件を満たす USB 記憶装置から起動するには、デバイスを接続して「起動ディスク」環境設定でそれを選択します。または、デバイスを接続して再起動時に「option」キーを押したままにし、「Startup Manager」にアクセスします。



って,USBからはブートできないってことでしょ?

ubuntu フォーラムに書いてあったことを日本語に丸写し翻訳して,ブータブルUSBの作り方を解説してたホムペがあったが、自分でブートしてみたことあるのかな?あるいは,環境依存?仕方がないので,諦めてDVDからライブ起動してみた。

しかし!wirelessキーボードと、マジックマウスが繋がっていない…。キーを押しても,クリックしても,電源ボタン押しても,マウスの電源入れ直してみても,一切つながりません。おいおい。カナーリ悩みながらも,これまた如何ともしがたいので,しかたなく、小さいUSBキーボードとマウスを購入…

で、家のiMacではすんなりインストールに成功して,ディスプレイとか,スピーカーとか,DVDドライブとか,USBとか,めぼしいデバイスは全部自動で認識してくれてました。5年前より格段に楽になってる?5年前は,まずネットブックのディスプレイがきちんと表示されなくて,液晶ディスプレイのドライバを入れるところから苦労してましたから。

ただ、インストールオプションを間違って,ブートキャンプパーディションのうしろに、ブートキャンプと共存するみたいなオプションでインストールしてしまい、Win7が起動しなくなってしまったw諦めてMavericksクリーンインストールからやり直し。時間食うけど、こういう時間を費やしたのち、ちゃんと動くようになるとすごく達成感を感じる。軽量さを求めてのインストールですので,lubuntuを入れた。

で,仕事場ののiMac late 2009もおんなじようにlubuntuをインストールしようとしましたが,インストーラーの「インストールの準備」というページで「次へ」をクリックした状態でうんともすんとも動かなくなった。lubuntuでも同じ。同じインストーラだから当たり前か。

いろいろググると、英語のフォーラムなんかで,ドライブがclean出なきゃだめだとか。cleanてどういう意味かわからない。辞書に載ってるけど訳ないしね。よくよく読んでみると、前後の文脈的に,ライブ起動させたLinuxでフォーマットしたパーディションにインストールする、という意味のようだ。いわれてみると、OS X 側で作成したパーディションは、ubuntu側からは割当未了の領域になっている。

しかし、それでもインストールの準備のところで,インストーラーがハングする。きっと、環境依存の難しい問題があるんだと思って、ubuntu系のインストールは断念した。

で、もともとマシンを軽快に動かすことが目標だったので、軽量ディストリビューションで有名らしいwattOSを選んだ。ubuntuと同じDebianベースのディストリビューションらしいので,ubuntuの情報も参考になるだろうし,ネット上の情報も多そうだと思って。今度はすんなりインストール成功。

インストールは,これを参考にしました。
Mac/Windows/Linuxのトリプルブートを可能にする方法(しかもBoot Camp不使用!)

ブートメニューとしてまずrEFItのインストールする指示になってますが,すでにメンテナンスされてないという情報を目にしたので,同等のrEFIndをインストールしました。後は,指示通りにトリプルブート環境構築完了。rEFIndはここからゲットしました。

それにしても,カタコトでも英語が読めるのと読めないのでは情報量に偉い差がありますね。それなりに英語の勉強をしていたことに感謝しました。

教訓。iMacにLinuxを入れるときには,USBキーボードとUSBマウスを用意してから行いましょうw

この後もいろいろ苦戦しましたよ。
画面の輝度の調整。
プリンタのインストール
スキャナのインストール
Apple Wireless KeyboardとMagic Trackpadの接続。
BluetoothデバイスのOS Xとの共有。
Magic Trackpadの設定。
Kingsoft Office他の代替アプリケーションのインストール。

ま,こんなんで従前OS Xでのお仕事環境とほぼ同等の環境となりました。毎日普通にMicrosoft Officeのファイルを作成,編集してお仕事しておりますw まぁ,とにかく軽快♪ ワープロ(Kingsoft Writer),ブラウザ,メールクライアント,PDFビューア等を立ち上げた状態で使っているメモリは多くて1GB程度。文書ファイルを開くのも秒殺で,OS Xを立ち上げたときのモッサリ感にさらにイライラするようになりました。もうOS Xには戻れない。

しかし,jtd送りつけられて,「俺,マックなんでぇ・・」と言っていたのが,さらに「俺,Linuxなんでぇ・・」とされにマニアックになるなぁ。
13:26 Linux | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。