10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

15kg痩せた

2015/07/01
最近ダイエットが快調。マックス82kgあった体重が67kgまで減ったので15kg減ったことになる。瞬間最大体重というか,旅行行ってうまいもん食いまくって家に帰ってきたときには84kgあって青ざめたことがあったので,そこから計算すると17kg。随分減ったなぁw。身長が166cmなので,ま,それでも少し太めなのだが,84kgあったことを考えると,どんだけ太ってたのかと。

その最大瞬間体重のころにメタボ健診で医者に「あなたこのままだと短命で終わりますよ。」というものすごい忠告をいただき,なぜか一念発起してベジタリアン生活を始め,それで10kg減ったことがあった。いざ肉魚を食わなくなると,別段なんともなくて,玄米と脂っこい野菜料理(天ぷらとか)を喰いまくってもどんどん体重が減るので笑ってしまった。

が,肉魚を食わないってのが,自宅でなら簡単なんだけど,外食ってことになるとこれが難しくて,10kg減ったのもあって,外食時にちょぼちょぼ解禁していったら,リバウンドして77kgまでもとにもどってしまった。

そのころ,ウェイ・ダウンダイエットというのを知り,って,体重減少ダイエットと意味不明な名前ですが,あんまりストレスが溜まらないというので,始めて見ることにした。ま,とにかくお腹がすくまで食べない,食べるのは少しだけ,腹が減ったらまた少しだけ食べるという実に単純なダイエット法なのだが,このダイエットで気づかされた。人間,実はごく少量の食物で結構腹が持つということ。腹が満たせる,じゃないよ。腹が持つ,つまり次に腹が減って何か喰いたくなるまでに結構時間がかかるってこと。少量だけ食べたときは,こんなんじゃ満足できーん!もっと喰いてぇ!!と思うのだが,そのとき,こう考えることに下。あと1時間後にまだ腹が減っていて我慢ならなかったら食べよう!と。不思議なことに,何かやっているうちにあの物足りない感が知らない間になくなっているのだ。

そのうち,何となく腹が減ったという感覚と,腹減って死にそうという空腹にも2種類あることに気が付いた。前者の場合は,あー,腹減ったなーと思っても,しばらくするとその空腹感は消えているのだが,後者の場合,今すぐ何か口に入れないとダウンしそうな感じがするのである。

そうやって数キログラム減ったとき,世界には飲まず食わずで生きていると主張するクレイジーな人がいることを知った。その真偽のほどはさておき,人間,以外と少量でも体が持つんだなぁと思っていたので,もしかして本当だったりしてwなんて思って,1日1食にしてみたり(それが飲まず食わずで生きるファースト・ステップらしいw)したが,これが以外と辛くない。ま,じゃぁ,ということで,朝なし,昼は乗り切れそうだったらなし,夕方まで持ちそうもないなという気分のときはおにぎり1個,腹減って何か喰いたいなと思ったときは,腹の張りを感じるまで,くらい食べて,夕食は(昔に比べたら)軽めに,みたいなことをしていたら,またどんどん体重が減ってきて,現在に至ります。去年の11月くらいからだから約8か月で10kg減った計算。

3時か4時ころになると腹が減って何か喰いたくなるときがあるので,お土産のお菓子を1個とかつまんだりもする。

胃袋が縮んじゃったので,昔のように喰うと苦しくて,もう前みたいに大量に喰いたいという感覚がなくなってしまった。

太るのって,食生活でカロリーを取り過ぎているわけだから,カロリーを取り過ぎない食生活に切り替えないとリバウンドするよね。今も上みたいな食生活を続けているけど,痩せるためにガマンしている感じはない。このまんまの食生活を一生続けてもいいというか,これが普通だと思えるようになった。だからもうリバウンドはないと信じたいなw
スポンサーサイト
13:53 ダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)

流動食ダイエット

2010/03/04
私はメタボです。数年前にスラックスを購入しようとしたときに,デパートのおばさまの店員からウェストのサイズを聞かれ,「90以上は余裕」と答えたところ,「まっさかー」とメジャーを当ててみると,「あらっ,94もあるわ。」だそうで。そのとき購入したズボンが今入るかどうかは疑わしい・・・。

やせなきゃ,やせなきゃとは思ってはいるのですが,これがなかなか。「やせなければならない。」という意識はあるので,ダイエットに関する知識はいろいろ仕入れてくるのですが,行動が伴わないのです。

ダイエットの常識の一つ。よく咬んで食べること。よく咬むことで脳内の満腹中枢が刺激され,また消化吸収がよくなり血糖値も早く上昇し,さらに満腹中枢が刺激され,結果的に食事の摂取量は少なくて済むし,空腹感にさいなまれることもない。つー,ことですよね。

このまえの日曜日から,この理屈を利用して,食事量を減らしています(現在5日目)。ルールは至極簡単。とにかく,口に入れたものがまるで流動食みたいになるまでもぐもぐすること。そして,普段はどうしても「ふ~,喰った~」というところまで食べてしまうのですが,食事量を減らすのが目的なので,そこまで食べるのはよくないってことで,「もしかして満腹?」って疑ったところで箸を止めることにしてます。

驚いたことに,「大盛り」がデフォであったこの私が,なんと弁当の半分も食べないところで,ありゃ?もしかしてそろそろ適量?と思ってしまうのでした。もちろんなーとなく物足りなさも感じるのでありますが,これが「腹八分目」というやつか。

思わぬ副産物が,35を過ぎた頃から,油っこいものを食したあとによく胃もたれを起こしていましたが,この量でとどめておくと胃もたれもしないのでした。

不思議なことに,この程度の量しか食べていないのに,食後30分もすると,ケーキとか出されても,「ちょっと,満腹で食べられません。」と答えてしまいそうな適度な膨満感を感じるのです!

これまでの自分の食事の摂取量からすると驚くほど少ない量なので,3時間もすると小腹が減ってきます。3時のオヤツってやつですかな。ここ数日,私は食べ残した弁当をさらにちまちまとつつきます。当然,上記の方法で。すると,またすぐに「もしや満腹?」状態です。この2回昼食で,弁当のご飯を半分残したりしています。トータルで,お弁当のご飯を半分残すことになります。ちょっとした低炭水化物ダイエットか。

この5日間で,ズボンのベルトを締めるときに,心なしかお腹が引っ込んだような気がしなくもありません。

別に空腹に苛まれることもないし,食べることに対する渇望を押さえ込む必要もないし,なかなかナイスな食習慣だなと思います>よく咬むこと。これでお腹が凹んで,体重が減ってくれればいうことがないんだけど。

13:15 ダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。