FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

軽量linux archlinuxで古いPCを爆速PCに蘇らせる

2017/04/05
私の仕事場でのメインマシンであるiMac Late 2009。購入したときはSnow Leopardだったが,今はアップグレードを重ね,Yosemite。ん,El Capitanだったかな?もっと新しいOSが出てるけどね。メモリも4GB->12GBに増強したけど,何するにしても1~2秒から数秒風車が 回り,小さなイライラが募り・・・。動作が軽快だという評判のlubuntuをVirtualBox上にインストールして使ってみたら,ゲストOSのくせして,ホストOSのOS Xより軽快なんだもの,嫌になってしまう。

思えば,20年以上前に仕事に必要というのでFMVを購入して以来,PCでやっていることは,ワープロに,表計算に,ネットにメールとほとんど変わらないのに,メモリは32MB->12GB,ハードディスクの容量は100倍以上,CPUはMMXPentiumの133MHzから,core i5のクロックは分からん!でも,やっていることに大した違いはなくて,PCのスペックは激しく向上しているのに,OSのもっさり挙動にイライラしているのはなぜなのだ!!

要は,リッチなGUIだとか,使いもしない機能がバックグラウンドで動いているとか,要らん機能にPCのパワーを割いているからでしょう。

そんなときに記事で見たおすすめ軽量linux8選だか,10選だとかで,心を惹かれたのがarchlinux+お好みの軽量デスクトップ環境。初期状態では,必要最低限の機能しかインストールされず,GUI環境も自分で追加でインストールする,って,これぞ俺が求めていたものではないか!!

さっそく公式のインストールガイドを参考にiMac上のVirtualBoxにインストールしてみたら,あっさりインストール成功。VirtualBoxだからドライバとかの問題もないしね。lubuntuのときには,プリンタドライバもベンダー(キャノン)がバイナリパッケージを用意してくれていたのが,archlinuxの場合それがないのだけれど,ベンダーが公開しているソースから,かんたんなコマンドでソースからコンパイルできるシステムがあるので,使ってたCanonのirc2550Fのドライバも難なくインストールに成功。仮想環境上でうまく行くと,次はネイティブにインストールしたくなるもの。気を良くした私は,それから,OSなしで3000円で購入してきたNECの元Win7マシン,Macbook Air mid 2010,それからメインマシンのiMac late 2009にインストールしました。が,それなりに苦労しました。

なので,公式のwikiを見てもハマったポイントについて,つらつらと。

まず,最初にインストールしたOSなしの中古Win7。

インストールガイドにしたがって,まず,起動モードの確認だが,起動モードがなんで,パーティションテーブルをどうするのかが,最初にぶつかるポイントですね。って,マジ初っ端から,いろいろ勉強しなければならない。

起動モード:BIOSか,UEFIか
パーティションテーブル:MBRか,GPTか。

中古Win7の起動方式がBIOSで,パーティショニングのwikiに「古いハードウェアにインストールする場合 (特にノートパソコンにインストールする場合)、BIOS が GPT をサポートしていない可能性があるので MBR を選択しましょう。」とあったので,MBRを選択。

インストールガイドに

Arch Linux をインストールするデバイスには以下のパーティションが必要です:
ルートディレクトリ / のパーティション。


とあるので,ハードディスク全体を一つのパーティションにした。

スワップパーティションはメモリを4GB以上積んでいる場合は,ない方がパフォーマンスがいいという記載をどっかで見たので,作らないことに決定!

paredコマンドを使って,パーティションを作成。

ここまでは,いろんなページを行ったり来たりしたものの,まずまず順調に経過。そのままインストールガイドに従い,パーティションのフォーマットとマウントを行った。

次に,ハマったのがネットワーク関係。VirutualBoxにインストールしたときは,インストールisoから立ち上げたときは,なんにもしなくてもネットに繋がってたのに,中古Win7はネットに繋がらない。ネット経由のインストールなのに,インストール作業開始前に立ち往生した。

ネットワーク設定の公式wikiの説明がよく分からん。勘違いさせる最大の原因は,冒頭のこの一文ではないだろうか。

多くの場合、インストールするだけで動作するネットワーク設定がすでに作られています。



この一文を読むと,殆どの場合は,何もしなくてもネットに繋がるのだ!と理解するだろっ!でもそうじゃなかった。

ともかく,wikiにしたがって,
・ホストネームの設定→VirtualBoxにインストールしたときはArchlinuxのインストール後にした設定
・ローカルネットワークのホストネーム解決→上に同じ
なので,ここは関係ないとスキップ。

次に,デバイスドライバの確認。どうもドライバのロードに問題がありそう。手動でモジュールをロードしてみてくださいなんてことが書いてあるので,カーネルモジュール#ロードを見てくださいなんて書いてあるので,スマホでモジュールを探してみたり,カーネルモジュール#ロードを見てみたりしたが,どのモジュールを,どこからゲットできるのかが分からん。だいたいネットに繋がってないし。デバイスがBroadcomのBCM57780ということはわかったので,「BCM57780 ドライバ」なんかでググっていると,もとのArchlinuxのネットワーク設定のページが上がっている。同じページのトラブルシューティングにBCM57780のことが出ていた。

このBCM57780は,モジュールをロードする順番を指定しないとうまく作動しないとかで,そこに書かれた対処法を行ったところ,めでたくネットに繋がった。

で,これでめでたし,めでたしと思いきや,インストール後に再度ハマる。

archlinux本体をインストールして,さて,デスクトップ環境をインストールしようとしても,ネットに繋がってないのだ!ちゃんとモジュールをロードする順番も正しく指定しているのに,である。

多くの場合、インストールするだけで動作するネットワーク設定がすでに作られています。


さっき,archlinux本体をインストールするときにはネットに繋がっていたじゃないかっ!!

で,もう一度,ネットワーク設定のwikiを読み返し,もしやこれはDHCPからIPアドレスの割当を受けていないのではないかと思い立った。IP アドレスの設定のところを読み,dhcpd#実行に飛び,そこに書かれているように,dhcpcdサービスを開始させたところ,うまく繋がった。

sudo systemctl start dhcpcd



たったけこれだけのことだったが,これに気がつくのに随分ネットをさまよいましたよ。

勘違いの原因。

1.VirtualBoxにインストールしたときは,ホストOSがIPアドレスの割当を受けていたので,ゲストのArchlinuxでDHCPサービスを起動させる必要がなかった(ような気がする。今となっては覚えていない)。
2.”多くの場合、インストールするだけで動作するネットワーク設定がすでに作られています。”と記載されている上に,インストールisoは何もしなくてもIPアドレスの割当を受けてくれていたので,インストール後のArchlinuxも何もしなくてもネットに繋がると信じ込んでいた。

結論。

Archlinuxでは,”多くの場合、インストールするだけで動作するネットワーク設定がすでに作られています。”ので,あとは,dhcpcdサービスを起動させるなどしてIPアドレスの割当を受ければネットに繋がる。

もうちょっと親切に書いてくれていれば,こんなことではまらずに済んだのに・・・

archlinux本体のインストールが終了すれば,次は,一般的な推奨事項に移るわけですが,これが大量にずらずら並んでいるので,これ全部やるの?って感じ。最低限やって置かないとあとで面倒になりそうなものは,

1.ユーザーの追加
2.ユーザーがsudoを使えるようにする。
3.ユーザーをlpグループに加える(←これやっとかないと印刷とかbluetoothが使えない)
4.GUI(デスクトップ環境)を入れる。
5.日本語化
ですかね。やり方は,wikiとググればすぐに解ると思います。
スポンサーサイト
22:44 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

独自ドメインのメールアドレスから送信したメールがスパム判定されてしまう

2013/10/08
さくらインターネットのメールボックスを借りて,独自ドメインでメールを使っておりますが,なぜか独自ドメインのメアドから送信したメールが迷惑メール判定されてしまいます。Gmailなどで。特に,お取引先の某会社に至っては,一切届きません。サーバーに配信確認の返送を求めると,無事届きましたよーと返事するくせに,無言でデリートするむごいスパムフィルターをお使いです・・・orz。ここのスパムフィルターはGmailから出したメールすら届かないので,この会社にだけは全く使っていないniftyのアカウントから出してますが,こんな強力なスパムフィルタを突破することはもう諦めています。

ただ,Gmailでスパム判定されるってことは,他のメールサーバからもスパム判定されるかもしれないということなので,せめてGmailくらいは何とかせんといかんと思い立ちまして。

Google先生に教えを乞うたところ,スパム対策として,送信者のSPF認証という送信者の身元を調べるシステムがあり,独自ドメインのSPFレコードを正しく設定すると迷惑メール扱いされないとか。

細かいところは分かりませんが,どうやら自分のドメイン名を使ってメールを出すときは,このIPアドレスのサーバから送ります!とか,予めDNSサーバに登録しておいて,メールを受け取った側は,メールのヘッダー情報中の送信サーバーのIPアドレスと,DNSサーバに照会して得られたIPアドレスを照合して,本当にそのドメインの保有者から差し出されたメールかどうか判定する仕組みのよう。独自ドメイン,迷惑メールなどのキーワードでGoogle先生に尋ねるとそれ関連の情報がヒットします。

とりあえず,さくらのメールサーバーのIPアドレスを登録してみっかと思って,見よう見まねでやってみましたが,SPFレコードを書き換えただけで,あっさりとGmailからはスパム扱いされなくなりました。

さくらインターネットの場合,公式サイトのトップページの会員メニューログインからメニューに入って,契約情報>ドメインメニュー>ゾーン編集>変更とクリックしていって,エントリ名「@」,タイプ「TXT」のデータが,

"v=spf1 mx ~all"

となっているところのmxのところを,

"v=spf1 +ip6:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx +ip4:yy.yy.yy.yy ~all"

に書き換えたところ,Gmailさんにスパム判定されなくなりました。

xxxxやyyyのところは,メールサーバのipアドレスを。ip6のほうはIPv6のアドレス,ip4のほうはIPv4のアドレスですね。さくらの場合は,ゾーン編集の画面にIPv4のアドレスが載ってました。IPv6の方は,Gmailからスパム判定されたメールのヘッダーに出てました。

DNSサーバに変更が反映されるまで1日くらいかかるなどという話も聞きましたが,Gmailに試しに送ってみたら,秒殺で設定変更がDNSサーバに反映されているのか,スパム扱いされなくなっていました。

めでたし,めでたし。

16:19 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)

木陰で昼寝

2011/05/09
その辺の公園へ行って,木陰に島忠で買ったコールマンのチェアを出して,昼寝した。季節的に最高。梅雨入りまで楽しもう。備忘録。

【木陰があって,ピクニックできそうな熊本の公園リスト】
《熊本市》
熊本城
江津湖・動植物園
水前寺・江津湖公園(広木地区)
県民総合運動公園
小島公園
八景水谷
《県央》
井戸江峡キャンプ場
若宮堰ふれあい広場(御船の若宮神社付近であろう)
美里町カントリーパーク
美里町ガーデンプレイス
《県北》
杉並木公園さんさん
カントリーパーク
石の風車のある公園
《天草》
諏訪公園キャンプ場
《阿蘇》
萌の里

12:47 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

木山往還6

2011/01/13
再び「熊本の街道と峠-熊本の風土とこころ第二集-⑳」(岩本政教編著、熊本日日新聞情報文化センター)p64から。「馬場を東に突き当たると神域である。正面大鳥居の前から南へ下って真光寺の門前を通り,庄口川を渡ってだらだら登りの道を進むと自衛隊の大通りに出る。」で,個々の部分は地図を見ればルートが特定可能。


powered by 地図Z


「ここで昔の道がなくなるので,陸運事務所前を東に一直線に進み,東町団地の端で南へ下ると再び旧道に会う。」とあるが,どこがこの旧道かというと,「暫く進むと道は昔懐かしい凹道となり,佐土原からの凹道との交差点には『右すなとり,左ぬやまづ』という道標が残っている。」「次の十字路では横手五郎が運んだと伝える猫伏石を眺め,古閑・馬水・安永をとって,終点の木山に到達する。」という。道標と猫伏石を結ぶルートというと,こうなる。



powered by 地図Z


ちなみに,このルート沿いに住んでいる方が自分のことを「古道(ふるみち)の」某と称するという話を聞いたことがある。現在の県道28号線は「新道(しんみち)」というわけだ。

これで終点の木山に到着した。

数年来の調べ物が終わって,ものすごく気持ちがいい。




16:00 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

木山往還5

2011/01/12
なぞのままだった「協和発酵」の謎が半分だけ解決した。

母に県立図書館と市立体育館の建っているところがかつては何だったのか尋ねてみても、何だったかねぇ、と答えが返ってこない。昔は協和発酵の工場じゃなかったとね?と畳み掛けても、そういわれればそうだったような気もする、とこれまたはっきりしない返事。そこに父が割って入ってきて、あそこはほう、でんぷん工場だったたい、と。うちの父母はあてにならなかった。

今の県立図書館ができたのは、確か僕が中学生だったときだから、60代以上の人に聞けば分かりそうなのだが、困ったときのインターネット、Googleの検索ボックスに、「県立図書館 協和発酵」から始めて、検索語に「熊本」を足したり、ダブルクォーテーションマークをつけたり、何度か検索をかけていたら、あっさりと情報にヒットした。おかしいな、何年か前にも1回調べたことがあったのだが。

株式会社井口鋳造所のホームページの地域の話というページに、「肥後酒精はその後幾変転、今日協和発酵の工場としてイーストや薬品を製造している。桑野豊助「くまもと商家物語」S52.12.15城野印刷所p194を参照。尚、現在は同地に熊本市立総合体育館と熊本県立図書館が立地している。」と紹介されていた(http://www.inokuchichuzosyo.co.jp/chiiki.htm)。なお、この「くまもと商家物語」、当の熊本県立図書館に3冊所蔵されているようだ。熊本市立図書館にも所蔵されている。そのうち調べに行くことにしよう。これで「協和発酵」が現在の市立総合体育館と県立図書館のところにあったことははっきりした。

しかし、木山往還が「協和発酵」あたりから先、どこを走っていたかは依然謎である。
sunatori.jpg
この地図からは、木山往還は砂取小学校の構内に突入している。ここから先は旧神水村に入る。そこで、例のごとく肥後国郡村図の神水村の地図からルートを復元しようとしたが、どうやら神水村の地図がいい加減な地図のようだ。隣の今村の地図と神水村の地図を張り合わせることができないのだ。ちなみに、両村の地図の縮尺は同じである。無理矢理大まかな位置関係だけでもあわせてみようとしたのがこれだ。これではどういうルートをたどっていたのか,現代の地図と重ね合わせようがないかと思えた。

imamura+kuwamizu_for_blog.jpg

他方,「熊本の街道と峠-熊本の風土とこころ第二集-⑳」(岩本政教編著、熊本日日新聞情報文化センター)p64の「ここから水前寺川を渡り、協和発酵の西側をまわって電車通りを横断すると八丁馬場へ入る。」との記載である。県立図書館の西側を回るとなると,川沿に二南下して,東に折れるルートか。そうなると明らかに肥後国郡村図の朱書きのルートとは異なっている。どっちが正しいのか。現在の地図を眺める限り、校庭に突入する肥後国郡村図のルートよりはこちらの方が整合的である。

結局,木山往還の県立図書館横の川を渡った後のルートがどこを通っていたかについてはこれというものがなかった。しばらく調査は暗証に乗り上げていたが,先日,これはっ!というものを見つけた。この昭和7年発行の熊本市の地図である。これ以前の時代に発行された地図では,この旧神水村あたりは載ってなかったり,載ってても大雑把に道が描かれているだけで,場所の特定ができなかったのが,昭和に入るとランドマークになりそうなものがぼちぼち現れてくる。
S9水前寺近辺for_blog


この地図を見ると,現在の電車通りは西から水前寺の郵便局のところまで伸びてきていて,途中途切れて,砂取小学校の校門のところから神水橋の方へ東へ延びている。水前寺の郵便局から砂取小学校の校門を結んで電車通りが開通したようだ。

注目したのは,砂取小学校と商業高校の校庭を横切る道があること。この道の位置関係が,神水村の地図に乗っている木山往還の道筋の形に似ているではないか。しかも,今村と健軍村(このころは神水村は合併して健軍村になっている。)の境界の形が郡村図そっくりである。

電車通りを赤,健軍村との境界を青,木山往還のルートを緑で線を引いてみた。私は,この地図の存在から,旧来の木山往還のルートは,この緑のルートであったと考えたい。
S9水前寺近辺for_blog_routed



powered by 地図Z


13:48 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。